トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 夏でもツヤのある頭皮と毛髪の管理法

夏でもツヤのある頭皮と毛髪の管理法


  • 夏でもツヤのある頭皮と毛髪の管理法
夏の蒸し暑く湿気の多い天候は、髪の生気を失わせる。強い紫外線は脱毛を引き起こし、熱い日差しは毛髪の弾力性を失わせ、脱色させる。また、湿気の多い天気には、頭皮の雑菌の繁殖を活発にさせ、炎症性疾患を悪化させる。

したがって、夏にツヤのある健康な毛髪を守りたいなら、頭皮および毛髪管理に一層の注意を払う必要がある。

▶ 帽子や日傘を利用する

夏の強い紫外線に頭皮が直接さらされると、毛包が損傷する可能性がある。長時間の紫外線露出は、毛髪の色にも影響を与える。毛髪のメラニンは髪の色を決定してくれるだけでなく、紫外線から毛髪を保護する役割をする。しかし、紫外線に毛髪がさらされると、かえってメラニン色素が破壊され、毛髪の色が変化する場合がある。

毛包の損傷による脱毛と毛髪変色を防ぐためには、外出時になるべく帽子を被ったり、日傘を差すようにする。夏用帽子を選ぶ時は、風通しが良いものを選ぶ。通気が円滑でないと、頭皮に皮脂や汗、老廃物がたまり、髪が抜けるようになり雑菌の繁殖を発生させるためだ。また、紫外線遮断機能が含まれている製品の助けを借りると良い。

▶ 清潔なぬるま湯で洗髪

夏の水遊びも毛髪に悪影響を与える場合がある。水遊び施設の高い水素イオン濃度は、頭皮の角質層を破壊し、プールで使用される消毒製品は、毛髪のタンパク質を損傷させる。長時間の水遊びは毛髪をパサパサとした乾いた髪にする。したがって、水遊び後は必ずぬるま湯で毛髪だけでなく、頭皮の中まで入念に洗い落とすことだ。

▶ シャンプー時の注意事項

雨の日には髪の毛が伸びる感じがする。これは、髪が水分を多く含んだためだ。熱いお湯は毛髪の保護層を溶かし、毛髪をさらに乾燥させるため、ぬるま湯で髪を洗うようにする。また、泡を多く使い、頭皮から柔らかくシャンプーするようにする。梅雨でややもするとパサパサになる可能性がある髪にはリンスを必ず塗るようにする。

▶ 頭皮を完全に乾かすこと

湿度の高い梅雨の時期には、頭皮を完全に乾かしてから、外出をしたり就寝をするようにする。特に、濡れた髪のまま寝ると、一晩中フケの菌が活性化し、頭皮の健康を毀損させる。

髪を乾かす時は、熱い風よりは冷たい風や生温かい風、あるいは自然の風が良い。熱い風が出るヘアドライヤーを濡れた髪に直接使用すると、頭皮内で汗や皮脂が活発に分泌されて良くない。
  • デジタルニュース局 キム・ジヒョンインターン記者 / 写真=photopark.com
  • 入力 2016-06-28 10:42:18