トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 葉酸、奇形児出産および血管疾患の予防に役立つ

葉酸、奇形児出産および血管疾患の予防に役立つ

妊婦以外の一般人も必要「認知症・大腸がんに効果的」 

  • 葉酸、奇形児出産および血管疾患の予防に役立つ
葉酸は胎児の神経発達を助け、奇形児出産の予防を助ける栄養素としてよく知られている。よく、葉酸は妊婦にだけ必要な栄養素として知られているが、認知症と大腸がんの予防などにも効果的だ。

葉酸、奇形児出産および血管疾患予防に役立つ

葉酸はビタミンB群に属する水溶性ビタミンでDNA、RNA合成に必ず必要だ。葉酸を着実に摂取すれば胎児の心臓奇形、神経管欠損症、尿路奇形など先天性奇形児出産の予防に役立ち、妊娠を計画している夫婦や妊婦、授乳中の産婦に特に必要だ。また、葉酸が欠乏すれば、血栓および血管性疾患の発病率が高まるという研究結果もあり、妊婦ではない一般人にも摂取が推奨される。英国では、過去20年の間食品に葉酸添加義務化に対する主張が絶えず提起されてきた。

1日400ug以上1000ugを超えないように摂取してこそ

2010年発表された韓国人の栄養摂取推奨量によると、葉酸の1日の推奨摂取量は一般成人400㎍、妊婦は600㎍、授乳婦は1日550㎍だ。葉酸は体内で利用される効率が良くないほうであるため、自然食品以外に補充剤のタイプで着実に摂取するのが良い。しかし、葉酸を摂取するときは1日の総摂取量が1000㎍を超えないように留意しなければならない。葉酸を過多服用すれば、腎臓に無理を与え、腎臓結石や腹部膨張のような副作用が発生するためだ。普段、自身の食生活を考慮して、葉酸が入っている自然食品をたくさん食べる場合、食品の種類や補充剤の量を調節するのが良い。

予備パパも葉酸摂取が必要

最近、老齢妊娠が増加し、難妊、奇形児出産などを予防するために、徹底した計画のもので妊娠する場合が増加している。予備パパの場合でも、健康な赤ちゃんを作るために精子の生成周期を考慮し、最小3カ月前からは胎児の神経発達と細胞発達に役立つ葉酸を摂取するのが良い。また、妊婦や予備パパでない一般人も葉酸を摂取すると良い。葉酸が不足すると、心血管疾患や大腸がんにかかる可能性が高くなるという報告があり、着実に摂取すれが葉酸が動脈硬化を引き起こす可能性のあるホモシステインの血中濃度を下げる機能をする。
  • シークニュース_パク・シウン記者/写真_photopark.com
  • 入力 2014-06-07 16:08:08