室内洗濯物乾燥「ダニ」解決策は?

洗濯専門ブランド「クリントピア」 

冬には室内暖房により空気が乾燥し、家の中の湿度を一定に維持するために、濡れたタオルや洗濯物を干して置く場合が多い。しかし、高湿度を維持するための室内洗濯乾燥は思ったよりも多くの問題を引き起こしたりもする。

濡れた状態で洗濯を長時間置いておくと、バクテリアが増加して不快な臭いがして健康に有害だ。また、洗濯物が乾いて繊維の中に含まれている洗剤成分が空気中に混ざって呼吸器を刺激することがある。何より、気管支喘息やアレルギー鼻炎、アトピーなどの皮膚疾患の原因となるハウスダストダニは、適正室内湿度である50~60%を超える環境で活発に増殖するため、室内乾燥に格別な注意が必要だ。体温と暖房で温かく維持される布団は、夜に寝ながら流れる汗と、体から落ちる皮膚の角質が付着してハウスダストダニが繁殖しやすい場所になることがあるため、冬場の規則的な布団の洗濯と消毒は必須だ。

▶ 55℃以上での洗濯、乾燥後十分にはたいてこそ綺麗

家庭で出来る寝具管理法は1週間に1回以上、布団を強くはたいて、角質やフケ、ハウスダストダニの死骸や分泌物をはたいて、太陽の光に30分以上乾かして消毒することだ。昼間に家事活動をするのが難しい共稼ぎ夫婦や、布団を広げて置く空間がなかったり、日当たりが良くない家に住んでいる場合には、寝具掃除機を利用して周期的に殺菌したほうが良い。寝具掃除機ではすっきりとハウスダストダニを除去することができず、一般家庭で布団を掃除する時には、水の温度を気にせず冷たい水やぬるま湯で洗濯する場合が多い。そのため、布団の中に隠れているハウスダストダニを全て除去するのは難しい。布団の中のハウスダストダニは60℃以上で死滅するため、布団の洗濯時、水の温度を少なくとも55℃以上にして布団を洗えば、布団の中まで綺麗に洗濯することができる。洗濯した後には完全に乾燥させて、ハスダストダニの死骸と排泄物など、残っている残余物とホコリを払い落としてこそすっきりする。

▶ 厄介な布団洗濯、洗濯専門店で解決

家庭で布団を洗濯して乾燥するのが厄介な場合、洗濯専門店のサービスを利用すれば便利だ。洗濯専門フランチャイズのクリントピアの寝具類洗濯サービスを利用すれば、一般布団はもちろん、家で洗濯するのが難しい厚い冬の布団も残留洗剤やダニの心配なく、綺麗に洗濯してくれる。クリントピアは3段階乾燥システムでハウスダストダニを撲滅する55℃熱風乾燥、布団を十分にたたいてホコリを払い落とし、豊かさを生かすタンブリング乾燥、ホコリやハウスダストダニの死体などを除去する強力な吸引段階を経るため、布団の汚染除去中心の家庭洗濯とは違い、布団の中まで確実な洗濯効果を期待することができる。

また、クリントピアマルチショップコインランドリーを利用すると、当日洗濯後、乾燥まで1時間で解決することができる。最近シングル族や共稼ぎ夫婦の間で人気だ。クリントピアマーケティングチームのソ・ジョンボムチーム長は、「冬場の布団は中までカラカラに乾かさなければ、布団の中に湿気が満ちて臭いが出て、綿や羊毛が変質して細菌などが生息しやすいため、室内乾燥を避けた方が良い」とし、「多くの顧客が倹約した費用で寝具類洗濯サービスを利用して、冬場の布団管理だけでなく、健康管理も徹底して欲しい」と明らかにした。
  • 毎経ドットコム_キム・ユンギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-22 16:52:26