Q.なぜコン・ヒョジンはコンブリーと呼ばれるの?

답변게시판
A. 人生を本当にクールに生きる女性、コン・ヒョジン。恋愛もとても自然だ。小学校の同級生である俳優リュ・スンボムと10年近く恋愛をし、温かいカップルとして選べれていたがクールに別れた。リュ・スンボムに続き、俳優イ・ジヌクと熱愛したが別れた。

MBCのシェフを扱ったドラマ「パスタ」でシェフのソ・ユギョン役を演じシェフのチェ・ヒョンウク役を引き受けたイ・ソンギュンと言い争いながらも味のある愛を演じた。当初16部作で企画された「パスタ」は、コン・ヒョジンの人気で4回延長放映された。このドラマでコン・ヒョジンは「愛らしい女性コン・ヒョジン」という意味の「コンブリー(コン・ヒョジン+ Lovely)」という愛称を得た。

製作陣はこれまで見せてくれた不屈で反抗的なイメージを念頭に置いて、コン・ヒョジンをキャスティングしたが、彼女は監督が考えたイメージとは全く別の愛らしい姿の演技をしたという裏話。自然なカップル演技にとろけた男性ファンも少なくない。

パスタは年末授賞式でベストカップル賞を受賞した。その後、メディアとのインタビューでコン・ヒョジンは「実際にイ・ソンギュンと恋愛する気持ちで演技をした」と明らかにした、これに対してイ・ソンギュンも「浮気する気持ちで演技した」と応酬した。

とびぬけた美貌ではないが、彼女は男性ファンに劣らず多くの女性の愛を受ける。現代版シンデレラのキャラクターは、嫉妬を呼び起こす要素を多く持っていることを勘案すると、異例のことだ。パスタに続いて出演したMBCドラマ「最高の愛」で「ロマンチックコメディの女王」というタイトルを獲得したが、ドラマを見たファンたちは好感を持ちにくいキャラクターをコン・ヒョジンが演じてコンブリーな姿を見せてくれたと評価する。

秘訣はかわいいふりをしていても一回は確実に壊れることにある。ハ・ジョンウと共演したロマンスコメディ「ラブフィクション」でコン・ヒョジンが、濃いスキンシップシーンで突然脇の毛を露出する場面が圧巻。

感受性が鋭敏だった子供の頃、外国に住んでおり、男子学生と主に交流したため自由で大ざっぱな行動が身についているからのようだ。

コン・ヒョジンのもう一つの魅力は、変身することだ。最初の出演作である「女子高怪談」で中性的でボーイッシュなイメージを見せたが、次には悪役に虐めらる優しくて純真なキャラクターに変身し、その後には視聴者の胸をキュンとさせるシングルマザーに変貌した。まるで成長期が数回に渡って起こっているようなものだ。

彼女は映画「ラブフィクション」上映後のインタビューで「一年ごとにアップデートされている」と語った。

☞ プロフィール
1980年4月4日生まれ
172㎝、A型
700 電話サービスの広告モデルに抜擢された後、「女子高怪談 二番目の話」でデビュー。
2014年6月SBSドラマ「大丈夫、愛だ」の撮影を終えてソウルに移動をしている途中、交通事故に遭った。

  • 映画「ラブフィクション」のスクリーンショット、脇がふわふわなコン・ヒョジン

  • Lim, Chul
  • 入力 2014-09-26 09:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄