Q.韓国の4564世代はどのような特徴を持っていますか?

답변게시판
A.
歳をとると運動神経だけでなく、感覚も鈍くなる。心はまだ若いと叫びたくとも、体がついていかない。変化に対応する速度も同じだ。幼い子供たちは、一度見ただけのダンスも上手に真似るが、何回も繰り返し練習しても歳をとった人のダンスはどうにもぎこちない。

最近の韓国の既成世代がそうだ。彼らは日帝の抑圧期と韓国戦争を体で経験した父親の世代とは違う。息子とも意思疎通がきちんとできない。空腹の子供時代を過ごした後、漢江の奇跡を起こした韓国社会の浮き沈みを目撃して育ったが、父親の世代が家父長的な社会で享受した大人としての待遇を受けていない。

4564世代。45歳から64歳までが韓国の既成世代だ。 65歳を超えると、いくら仕事が保証されている職場でも退職を余儀なくされ、政界や法曹界など、いくつかの専門職を除いた残りの分野では、現役から退かなければならない。いわば韓国社会の現場で活躍している最も年上の世代が4564世代だ。

広告代理店である第一企画は、この年齢層に属する人々を分析した後、この世代の特徴をWINEと規定した。 WINEとは、Well、Integrated、New、Elderの略だ。長い忍苦の歳月を経た後に満足のいく味を出すワインに似ているという意味が込められている。「私も若いお兄さん」と叫びたいが、若い世代の言語を理解できず、時代の必需品である各種電子製品を扱うにも力不足の父親の古い世代だ。

WINEの世代は、若い世代の文化、特にデジタル文化に慣れ親しもうと努める。時代に取り残されないためだ。若い世代に主導権を奪われたことに喪失感もあるが、学ばなくては生き残れないという切迫感も大きい。しかし、学ぼうとする心とは違って、変化の速度に追いつかない自分を発見することになる。

このような急激な変化に既成世代は戸惑うしかない。そのため、社会の変化が望ましくないという否定的な見解も見られる。古い統計ではあるが、第一企画の調査で、WINE世代の中で「社会の変化が望ましい」ということに同意した人は9.4%に過ぎなかった。

しかし、このような反応を額面通りに受け入れることは難しい。同じ調査で、回答者の64.9%が「若い世代が気に入らないが、理解しようと努力している」と答えたのだ。このようなやや矛盾した反応は、4564世代が若い層に反感を示す外面とは異なり、若い層に似ようとする欲求を持っていることを示す。

もしかしたら、社会がN世代を中心に動くだけに、N世代の文化を共有しようとする欲求は自然な現象だ。しかし、N世代が主導する文化に既成世代が入る余地は少なくならざるをえず、最終的には個人的にN世代の価値観を共有しようとする努力とは異なり、社会的次元では、防御的な姿勢になる。このような二重の姿が韓国社会の大人である、4564世代の混乱している自画像だ。

WINE世代の特徴
1. 年齢は数字に過ぎないと叫ぶ
2. 政治への関心が経済、社会に遅れを取る
3. 家庭では消費主権が妻にあり、意思決定において妻の意見がより多く反映される
4. 妻より夫が夫婦が一緒に余暇生活を送ること熱望している
5. 高度な機能を備えたデジタル新製品に関心が増える
6. より多く稼ぐよりは余暇生活、特にスポーツ・レジャーに関心が高い
  • Lim, Chul/写真=毎日経済
  • 入力 2014-11-06 15:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄