Q.少女時代についてメンバーそれぞれの特徴を含めて教えてください。

답변게시판
A. 少女時代(ソシ、ソッ、SNSD)。グループ名が確定した時、あまりにもダサいと思った少女たちは、​​涙を見せた。淑女になった今、メンバー皆が誇りを持つ、ガールズグループの伝説になった。

「少女たちが平定する時代が来た」という意味で、名前を付けたという説明そのままに、少女たちはデビュー以来、韓国歌謡界の新しい歴史を書き続けた。

今では後輩たちに場所を明け渡したが、「軍大統領」という言葉を作り上げほどに兵士たちの愛を一人占めし、高齢者にも名前を覚えられた。 2010年のギャラップ調査では10代から50代までの各年齢層で人気歌手1位を占めており、フォーブスコリアが選定した「2011年韓国のパワーセレブリティ」でパク・チソンとキム・ヨナを抜いてトップに立った。 2012年には少女時代の記念切手が出た。

9人のメンバーがすべて魅力の塊なので、順番に回りながらメンバーにはまるということで「内回り9号線乗り換え」という言葉も聞く。循環する列車だから、一度ファンになったら抜けていく出口がないという意味である。海外のファンがとても多く、韓国歌手の中でユーチューブの最強者として挙げられる。 「I got a boy」公式ミュージックビデオが2013年ユーチューブMusic Awardで「今年の映像部門」1位に選定され、ティファニーがニューヨークで開かれた授賞式に代表として出席した。

舞台を韓国に限定しても少女時代のファンは、大規模ボーイグループのファン層とほぼ同じ規模を誇り、女性アイドル不動の1位だ。おじさんファンに劣らず、お姉さんファンも多く、毎年​​レズビアンの好きな芸能人トップ20にジェシカなど5人のメンバーが含まれる。ファンクラブ公式名称はソウォン(S♡NE)であり、夜光棒の色はパステルローズハート。国内外のファンクラブやサイトを合わせると100個をはるかに超える。

非常に積極的な海外ファンがおり、南米のファンは少女時代の国旗と国歌を制定しており、カナダ人のファンは、8000ドルをかけて自分の部屋に少女時代の博物館を作った。米軍空母へ派遣勤務で行った軍人が日本に進出する少女時代を応援するために航空母艦に垂れ幕をかけて認証写真をアップロードしたこともある。

少女時代の音楽の特徴は、全体的なコーラスラインを武器にするという点にある。子供の頃から特別な音楽的才能を見せたテヨンが優れたボーカル能力を誇るが、彼女の声がジェシカ、ティファニー、サニー、ソヒョンなど他のボーカルラインの弾むような音色を埋めてしまうこともない。メインボーカル一人の力量ではなく、メンバー全員のハーモニーで音楽を完成させるため、最も理想的なアイドルの形という評価を聞く。

初期にはユナとユリ、スヨン、ヒョヨンのダンスラインを中心にカル群舞(刀群舞)を披露したが、メンバー全員のダンスの実力とボーカル能力が良くなり、今はラインの区別が無意味だとファンたちは口をそろえる。

デビュー当初は、ミュージックビデオを素顔で撮影する「純粋」というコンセプトを強調したが、後に少女のコンセプトに制服、スーツ、チアリーダー、スチュワーデス、強いお姉さん、獣など多彩な変身を試みた。

2009年12月、8000席規模のフェンシング競技場で初の単独コンサートを開いた後、参加できなかったファンのために、2010年2月末、同じ場所でのアンコール公演をもって本格的な海外活動に入った。最初のアジアツアーは、2011年5月に開始され、55日間続いた。

2009年Geeブームが起きた後、韓国の地上波3社のほぼすべてのバラエティ番組にゲストとして招待されたが、メンバーたちのバラエティ番組に対するセンスがあまりにも優れており、宿舎で遊ぶ話だけで笑いを作ったりした。以降、新たなアルバム制作やツアーの合間を利用して、メンバーがドラマや映画、ミュージカル、音楽番組のMCなどで才能を発揮するようになる。

☞少女時代の所属事務所であるSMエンターテイメントは少女時代を誕生させるために、数百億ウォンを投資するほど巨大な投資をした。マイケル・ジャクソンのダンスの先生だったポッピンフィート、スキトラビットなどを招き、ヒョヨンに個人レッスンをさせ、中国の語学研修も送ったほど。当時オーディションを受けて、プロジェクトで競争を繰り広げた練習生は21人で、すべてSMエンターテイメントが大切にして有望な人物たちだった。

少女時代はこのような投資が惜しくないことを立証した。芳しくない事件で底を打っていたSMのコスダック時価総額が138億ウォンだったが、少女時代の成功と同時に2980億ウォンに垂直上昇した。ここへ他のアイドルグループが到底超えることのできないアルバムと音源販売量、ワールドツアーの収入、芸能界1位の広告収入、ポップアップストアの収入を合わせると、すでに投資額の数十倍を超えた状態だ。契約期間はユナが13年、テヨンが10年、ジェシカとユリは9年、スヨンが5年であり、ティファニーとヒョヨンとソヒョンは少女時代の解体までだ。サニーはフリーランスであることが知られている。

☞メンバー

テヨン(本名キム・テヨン、1989.3.9):リーダー。メインボーカル。親が両方ともアマチュア歌手。 SM青少年ベスト選抜大会で1万対1の競争率をくぐって総合大賞を獲得した。とらえどころのない石直球をよく投げて、口先だけの言葉は言えない。ミュージカル「太陽の歌」出演当時にメンバーが「私たちの宇宙で最高のリーダー(ウリウジュ チェゴエ リーダー)」という花輪を送って100個をはるかに越えたニックネームに「ウチェリ」というニックネームも加わった。
2014年EXOメンバーベッキョンとオープンカーデートをする場面がカメラにとらえられスキャンダルが起きた。

ジェシカ(ジョン・スヨン、1989.4.18):百貨店名品館で買い物をしているところをキャスティングされた。メンバーの中でパッと目立つ美声を持っている。妹スジョンは、f(x)のメンバー、クリスタルだ。両方をまとめて魔性のジョン姉妹と呼ばれる。性格はすき間だらけで、野心の順位は最下位。高慢なイメージのせいか、ニックネームの中で氷の女王という言葉が多く使われており、日本では「シカ様」というニックネームも得た。レズビアンが選んだ女性芸能人1位。ベトナムのハノイ公演には女性ファンが舞台に乱入してジェシカを奇襲抱擁するという事件が起こった。

サニー(イ・スンギュ、1989.5.15):ボーカル。愛嬌担当。笑わない時でも眠むそうな目と口元のために可愛く見える。イ・スマンの姪だが、オーディションを受けて堂々とチームに入った。背が一番小さく、スムギュ(胸+スンギュ)というニックネームが付くほど少女時代のグラマー二大山脈に挙げられる。素早く状況を把握し判断できるため記者の愚問にも、巧みに答えることに定評がある。性格が明るく、深刻な悩みも解決してくれそうなお姉さんのイメージを持っている。ファンに飲み物をおごったり、またはファンレターを見て感動的な返事をしてくれるなど、メンバーの中でもファンへの愛が格別だ。

ティファニー(ステファニー・ファン/ファン・ミヨン、1989.8.1):ジェシカと同じ病院で生まれた。母が早く他界したためか、無表情の時はなんだか悲しく見える。メンバーに愛着が強い。親和性がよく、人脈も広くティファニーの誕生日には、俳優、歌手たちが集まる日という言葉もある。家族の反対を押し切って一人で韓国に来て、練習生時代にアルバイトで英語の家庭教師をしたこともあるという。韓国に実家がなく宿舎に住んでいる。
先輩と後輩に変わらず90度の挨拶をする習慣があり、周りの人にハイテンションを伝染させるムードメーカーだ。ティファニーの誕生日にファンが公共機関との協議のもとに寄付をして汝矣島ユンジュン路にティファニーの森が造成された。

ヒョヨン(キム・ヒョヨン.1989.9.22):小学校の時からダンスの天才として知られており、ダンスの実力でピックアップされた。 「I got aboy」でボーカルはせず、ハスキーな声でラップを引き受けた。大ざっぱな性格でサニーと一緒に定評のあるユーモア感覚を披露する。ヨーロッパで人気が高い。酒に強い方ではないが酒癖がユニークだ。自由奔放な魂。チーム内の小さな騒動を静める姉の役割を担っているという言葉も聞こえてくる。

ユリ(グォン・ユリ、1989.12.5):幼い時からCMモデルとして活動しており、青少年選抜大会でダンスチャンに選抜され、SMエンターテイメントの練習生になった。非常に活発な健康美少女のイメージを持っており、ユナと姉妹と勘違いするほど似て見える。ハスキーで魅力的な低音でイ・ヒョリが2ne1のシエルと一緒にソロ歌手として出れば歌謡界を掌握する人材に選んだことがある。メンバー同士でいるときは飾り気がないのに、男性がいると静かになって声のトーンも女性らしく変わると言われている。 2007年8月、プロ野球の斗山 - 起亜戦で芸能人始球式史上初めて完璧なアンダーハンドピッチングを披露するほどの優れた運動神経を誇る。

スヨン(チェ・スヨン、1990.2.10):1万5892人が参加した日本のTV番組「Route O」というプログラムで、12歳で優勝した経歴がある。一緒に選ばれた日本の女性とデュエットで三枚のシングルを出した。歌手志望生時代ウェブトゥーン(縦スクロール式Web漫画)漫画家カン・プルとメールをやりとりし、カン・プル原作漫画「純情漫画」の主演にキャスティングされた。浅黒い肌とクールな顔立ちで東南アジアの少女との声も聞く。メンバーの中で日本での人気が最も高い。気の利いた弁舌でバラエティ番組のPDたちの愛を受ける。欲しいプレゼントは、ハリー・ポッターに出てくるほうきとのこと。

ユナ(イム・ユナ、1990.5.30):2013年アイドルが選んだオルチャン1位、専門医が選んだ自然美人1位。 2013年に中国で実施したウェブ調査では、アジアの10大の美女1位を占めた。放送よりも、実際の顔のほうがはるかに良い。ある芸能部記者は、自分が見た芸能人の中でユナが一番きれいだったと言うほどだ。すらりとした体つきとクールなダンスでセンターを務める。小学校6年生の時にSMエンターテイメントの公開オーディションで適当に踊り合格した。7年2ヶ月の間練習生として過ごし、少女時代に最初に合流した。デビュー初めからワールドビジョンにこっそりと後援し、演技者チョン・エリと一緒に奉仕活動を行った隠れた寄付天使だ。出演したドラマが終われば直接書いた手紙と一緒に感謝の贈り物を送るという。ユナのファンソングにインディーズバンド小心なオッパたちが献呈した「おやすみユナ」という有名な曲がある。 2014年1月歌手兼俳優のイ・スンギと付き合っていると熱愛説が出ており、所属事務所側もこれを認めた。

ソヒョン(ソ・ジュヒョン、1991.6.28):末っ子なのにお姉さんたちよりも大人っぽい雰囲気を漂わせる。テヒョンの舞台でピアノを弾くほど演奏実力が抜群である。 2002年にいとこと遊んでいたところを、路上キャスティングされた。オーディションでは、知っている歌謡がなく童謡を歌った。自分を狂ったように付きまとうファンのラブレターですら恥ずかしそうに受け取るほど世間慣れしていない。模範生イメージでパン・ギムンUN事務総長の熱烈なファンであり、トークショーで外交官になりたいと吐露したこともある。そのためか、「バカのように勉強して天才のように夢を見なさい」という本の改訂増補版にソヒョンの写真が掲載された。
  • 読売新聞の記事(2014年2月)


  • 少女時代の切手

  • Lim, Chul
  • 入力 2014-07-17 09:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄