Q.韓国は治安の良い国ですか。夜一人で外を歩いていても安全ですか。

답변게시판
A. 以前、米国LAに出張に行って思ってもいなかった経験をしたことがあります。滞在したホテルは静かなところにあり、夕食のあと仲間と一緒に「外の空気でも吸おうか」と散歩に出かけました。

ちょうど晦日ごろで月光もなく、どこが暗く先もよく見えませんでした。やはりホテルに戻ろうと引き返した時にびっくりしました。体の大きな黒人二人が幽霊のように目の前に現れたのです。驚いたのは、私たちだけではありません。相手も驚いていました。

後で知ったのですが、かなり勇気のある人でなければ暗い道を歩いたりしないそうです。体つきから見て喧嘩の相手にもならなそうだが、もし銃でも突きつけられたら、とお互いに驚いたというのです。今では状況が少しは良くなって安心して夜景を楽しむことができるものか知りたいですね。

とにかく韓国に戻ってきて韓国の治安はいい方なんだなと感じました。韓国の大都市は、他の国に比べて相対的に安全な方です。特に中心部ではどんなに夜遅くでも女性もあまり心配する必要がありません。なぜかというと、真昼のように明るい上に、人が夜明けまでざわついているからです。

まず、銃所持が厳しく制限されています。個人が所持することができる銃は猟銃だけで、当局に届出をする必要があります。もちろん暴力団がいろいろな方法で銃を所持することを完全に防ぐ方法はないでしょう。しかし大通りで銃を乱射したり、非常識な若者たちが銃を持って人の多い学校や公共の場で乱射する事故は起こる可能性が皆無です。

暴力組織も西欧や中華圏、日本に比べたら子供のレベルに過ぎません。軍事政権時代に捕まえて閉じ込めておいたせいなのか、YouTubeに組織暴力団にいたずら電話をかける動画が上がってくるほどです。現在活動している組織暴力団も地域利権介入など、マフィアに比べて本当に子供のいたずらレベルに過ぎません。(もちろん、あってはならないものですが。)

だからといって韓国の治安がひたすら安全なわけではありません。心配なのは殺人、強盗、窃盗、暴行、詐欺、強姦など強力犯罪が緩やかであるものの増えているという点です。さらに、犯罪検挙率が2002年には90%を上回っていたものの、最近では減少しているという点も悩みの種です。学校暴力も韓国社会が直面している問題です。

社会各層の努力の末、脅迫や暴行、いじめを経験した若者が2009年には7%、2012年には5.6%に減少したものの、子供が暴力を振るう年齢がますます幼くなっているという事実が非常に気がかりです。女性家族部の調査によると、2009年には最初に暴力の被害を経験した年齢が13歳だったのに、3年が過ぎた2012年には12歳と若くなりました。このような傾向が続けば遠からず小学校低学年から暴力犯が出ないか心配になります。

たまに新聞や放送で性犯罪者と韓国に滞在する外国人が犯した犯罪が騒ぎ立てられます。2008年、フィリピン出身の不法滞在者が京畿道楊州で女子中学生を殺害し、2012年には中国の朝鮮族が水原で20代の女性を拉致して性暴行しようと殺害した後、遺体を毀損した事件が発生しました。

このような事件により外国人が犯罪の温床であるかのように感じる社会の雰囲気が無きにしもありませんが、警察の分析は人口10万人当たりの犯罪者数は韓国人が外国人よりも1.8倍多いことを示しています。ただし、外国人は一度犯罪を犯せば強力犯に急変する可能性が韓国人よりも高くなります。外国人が犯した犯罪のうち、殺人強盗強姦などの凶悪犯罪が占める割合は69%で、韓国人の51.3%に比べ高いです。

また、性犯罪の場合も道行く女性を拉致して性暴行を犯した場合は全体の10%余りにすぎず、ほとんどは親族や職場の同僚、近所の人などを知っている人により起こっています。このような犯罪は、警察の力で防ぐことが本当に難しいでしょう。

韓国の治安が安全なほうであることは明らかですが、犯罪に対して恐怖を持つ人が少なからずいるのは事実です。刑事政策研究院が2011年に実施した「全国犯罪被害調査」によると、夜に一人で近所の路地を歩くことを恐れている人が少なくありません。

夜に一人で近所の路地を歩くことを「非常に恐れている」人は回答者の6%。「恐れている」との回答も25.6%に達しています。 2009年度の調査では、「非常に恐れている」が7.4%、「恐れている」が25.6%と以前に比べ減りはしましたが、犯罪の主な対象である青少年や若い女性の中では68~70%が不安を感じているというのが問題です。

☞ 大都市の場合には、ほとんどの路地ごとに防犯用CCTVが設置されています。そして、警察との連絡が可能なボタンがCCTVの下にあるので、不審者に会えばボタンを押してください。
  • Lim, Chul
  • 入力 2014-08-19 16:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄