ガスライティン:가스라이팅

답변게시판
解説 ハングル:가스라이팅

ハングル発音:ガスライティン

意味:他人が巧妙な言動で自分自身を疑わせ心理的に操る行為

解説:

演劇『ガス燈(Gaslight)』から由来した言葉。他人が巧妙な言動で自分自身を疑わせ心理的に操る行為。

『ガス燈』は、パトリック・ハミルトンが演出した1938年初演された演劇だ。1944年、イングリッド・バーグマン、シャルル・ボワイエ主演の映画としても制作された。

『ガス燈』のあらすじは簡単だ。ジャックは宝石を盗むために上の家の奥さんを殺害した後、宝石を探そうと家の中を探す。宝石を探すためにはガス灯をつけなければならないが、ガス灯を使う間にガスを使い分ける他の家の火が暗くなり、バレる危険性が高くなる。ジャックが家の中を探す間、妻のベラがいる下の階は暗くなる。何かごそごそする音もする。

ジャックはベラが過敏に反応していると主張し最初は半信半疑だったベラは、このような状況が続くと結局自分に対する疑問を持つようになり無気力になる。

このようにガスライティンは大体密接な関係の人にやられることが多い。
夫婦、友達、職場の同僚、学校の先輩後輩、そして恋人…。

水平的な関係ではうまく機能しないので、自尊心の低い人が主にやられてしまう。

演劇のようにガスライティンの被害者は無気力になり社会的に孤立し精神的に疲弊し加害者に依存するようになる。

加害者は被害者のためだという名目で嘘を乱発することになる。ガスライティンを対処するためには真実と嘘を区別する必要があるが、ガスライティングをされた状態では容易ではない。被害者自らが何が真実なのか、何が歪曲されたのか、判断能力を失ったからだ。そのため是非を論理的に問うよりは自分の考えに焦点を合わせるのがいい。

おかしいと思ったら第3者の助力を求めることが賢明な選択だ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2022-01-21 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄