竹槍の前では誰もが平等だ:죽창 앞에선 모두가 평등하다

답변게시판
解説 ハングル:죽창 앞에선 모두가 평등하다

ハングル発音:チュクチャン アッペソン モドゥガ ピョンドゥンハダ

意味:竹槍の前では誰もが平等だ

解説:竹槍に刺されれば、地位の上下や年齢を問わず、金持ちでも一文無しでも、みな死ぬという意味だ。

韓国社会、特に通貨危機以降の韓国経済の階層に、越えることが難しい障壁が生じたことに、強い不満を示した新造語だ。

  • < 「竹槍の前では誰もが平等だ」という言葉でホームページをデザインしたヘル朝鮮のサイト >

竹槍に関する新造語や文章は、2014年ころから、DCインサイドの野球ギャラリー、株式ギャラリーなどで「竹槍を持って来い」という形で言及されていた。そんな中、Wowギャラリーに登場した「竹槍マン」という漫画に「あなたのような金持ちと私のような庶民の共通点が何か知っているか。まさに!一発で貫通するということさ!!」という表現が出てきて、この言葉が広がり、多岐多様に変えられた表現が出始めた。「竹槍の前では誰もが平等だ」という言葉も、それを変形した表現の一つだ。

昔から民衆蜂起やストライキや政治デモに竹槍が使用されていた点と関連して、韓国社会を批判する政治的な意味を含むことになった。

竹槍と関連した言葉の余波で、民主労総、民主労働党などの野党指導部が、国会の模型を壊す象徴的な意味として、竹槍を持っている写真もあり、さらにの竹槍連合会というサイトもできた。

広告会社に勤める平凡な30代の男性と自分を紹介する人物が作った「ヘル朝鮮」というサイトは、フォームページのヘッダーに「竹槍の前では誰もが平等だ」がデザインされている。

彼はメディアとのインタビューで、「竹槍は歴史的に生存権を象徴するもので、槍の中でも最も低級な竹槍は最後の抵抗のような感じを与える」と主張している。矛盾に満ちた韓国社会に屈した人々の極めて自己破壊的な放棄宣言であり、非常に公平にお前も一発、私も一発、一緒に死のうという式の比喩だという説明だ。

社会安全網を基底から脅かす極めて危険な発想だが、このような言葉さえ真剣に考えず、大人になりきれていない若者たちが発言した言葉に過ぎないと軽く考えられているのも、また、韓国政治の現実だ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2015-11-05 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄