ヒュゴ:휴거

답변게시판
解説 ハングル:휴거

ハングル発音:ヒュゴ

意味:ヒューマンシアに住む乞食、LHアパートに住む乞食

解説

「ヒューマンシアに住む乞食」の略語。 「LHアパートに住む乞食」という意味でエルサとも言う。

大韓住宅公社が2006年にオープンしたブランド「ヒューマンシア(Humansia)」は「人が住む場所」という意味が込められている。

毎年15,000世帯以上を供給し内部的に成功したブランドだと評価したが、5年で使用を中止した。 ブランドよりLH(住宅公社)を知らせなければならないと判断したためだという理由を挙げたが、ヒューマンシアに住む住民をヒュゴと卑下するというのが、実際の理由だっただろう。

ブランドを変えても事態は変わらなかった。
子供たちがヒュゴの代わりにエルサと呼び始めたからだ。

名前だけ聞いたら申し分ないだろう。
悪に染まった世界の中で生きたまま空の楽園に登った、雪の女王だからだ。

ヒュガ、エルサと呼ぶ子どもたちの頭の中には、そんなイメージはないだろう。
世の中で生きる価値のない汚い従者、乞食姫という誤った認識でいっぱいだろう。

子どもたちにこのようなイメージを与えた人は大人だ。近くにいるお父さん、お母さんたちだ。
賃貸マンションに暮らしているからと言って、「チャクトゥン(偽物)」という言葉まで口にしている。

LHがマンションをきちんと建てていたなら「ヒュゴ」という言葉が出なかったかもしれない。
坪数は小さいが、階間騒音が全くなく、子どもたちが思う存分遊び回ってもいいマンション、電気や水道など何も修理しなくてイいいマンションというイメージが定着していたら、からかわれることもないだろう。

残念ながらLHアパートは不良だらけという汚名を着せられやすい。不良資材や壁から水が漏れるほど手抜き施工したという理由で国政監査を行ったことがある。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-06-04 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄