トップ > 数字経済 > 統計 > ブラックロックが見た投資魅力...韓・中・日

ブラックロックが見た投資魅力...韓・中・日

韓国証券市場、中国景気の鈍化懸念に定評価/自動車関連株の有望...日、追加切り下げの可能性 

  • ブラックロックが見た投資魅力...韓・中・日
「韓国の株式市場が低評価された背景には、中国の景気鈍化に対する憂慮が定着している」。

ブラックロックのマシュー・エステス ポートフォリオ戦略家は2日、ソウル・汝矣島コンラッドホテルで記者懇談会を開き、韓国の株式市場がここ数年、低評価された要因をこう分析した。彼は続けて、「中国の今年の経済成長率は、歴史的に低い水準の7%と予想する」とし、「中国景気のこのような鈍化が韓国経済に否定的な影響を与え得るという認識が、韓国株式市場の低評価の要因として作用している」と説明した。

ブラックロックは運用資産規模4兆3240億ドル(約4600億ウォン)を誇る世界最大の資産運用会社として、1000あまりに至るファンドを通じ、世界47カ国に投資している。

エステス戦略家は、「ブラックロックは最近3年間、中国の株式市場に対する投資比率を低いレベルで維持している」とし、「さらに、韓国市場へのブラックロックの投資の割合も、現在は適正水準よりやや高い状況と認識している」と付け加えた。当分は中国と韓国への投資比重を拡大する可能性は低いという意味に解釈される。

とは言え、エステス戦略家は韓国企業への投資機会は中国市場を通じて見つけるしかないとの認識を示した。エステス戦略家は、「中国経済の中心が輸出から内需に転換されている」とし、「結局、中国の消費者を対象に事業を行っている韓国企業が恩恵を被る可能性が高い」と予想した。

業種別では、韓国の自動車関連株を有望な業種として挙げた。彼は「米国・欧州などの先進国の経済が回復局面であるだけに、韓国の輸出企業への恩恵が予想される」とし、「特に、米国内の自動車購入が増加することが予想され、韓国の自動車関連株に注目している」と述べた。

エステス戦略家は、「しかし韓国市場全体的には、他の新興市場に比べ魅力的」とし、「国家財政の健全性が優れており、外貨準備高もしっかりしたレベルだし、テーパリング(量的緩和縮小)の局面でも、他の新興国と違って影響が小さいと見ている」と明らかにした。

エステス戦略家は、中国に対してはやや否定的な認識を、韓国に対しては中立的な態度をとったのとは異なり、日本では今年最も有望な投資先に挙げた。彼は「日本の中央銀行の資産買い入れが継続される予定だが、米FRBの事例に照らして見たとき、このような動きは、資産価格の上昇につながる可能性が高い」とし「このため、今年も日本市場は強気を継続することになると思う」と展望した。

エステス戦略家は、「日本の労働者の賃金が引き上げられ、家計資産の再配置が行われるだろう」とし、「日本の家計の現金性資産規模は7兆ドル(約7400兆ウォン)と推算されるが、日本政府の低金利基調で、このような資が株式市場に流入する可能性が高い」と分析した。また、「日本の年金基金も債券の割合を減らして株式の割合を増やすことに、運用政策の方向性を持っている」と付け加えた。

エステス戦略家は、全世界の投資家たちの最大の関心事である円の価値の方向性に大しても、追加的な価値の下落余地が大きいと予想した。また、「円の価値は1998年に1ドル当たり145円に達し、2008年のリーマン・ブラザーズ破産直前には105円の水準だった」とし、「現在のドル当たり103円水準の円の価値は、まだ金融危機以前の水準を回復していない状態であるだけに、円・ドル為替レートがさらに上昇する余地があると思う」と説明した。
  • 毎日経済_オ・スヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-02 17:38:33