毎日乳業、「カフェラテ」発売20周年を迎えてリニューアル


毎日乳業がカフェラテの発売20周年を迎え、ブランド名、味、パッケージデザイン、容量などを全面リニューアルする。

毎日乳業は1997年に韓国で初めて披露したカップコーヒー カフェラテを「マイカフェラテ」に変更し、製品パッケージもスキニーカップの形に変えると25日明らかにした。

これにより、容量も220ミリリットルと従来よりも10%増加した。

マイカフェラテは、ニュースピーディープロセス(New Speedy Process)工法でコーヒー豆を焙煎し、エスプレッソ方式で抽出した後すぐにカップに注がれる。

特許取得済みの高圧エスプレッソ抽出方法を使用し、コーヒーとミルクが調和たときに香ばしくて豊かな味を出すのが特徴だ。高級エチオピアシダモ豆をブレンドしたあとにミディアムローストを施し、既存の▲マイルドカフェラテ▲キャラメルマキアート▲ナットカプチーノ▲ベルギーチョコレートラテ▲チェジュ緑茶ラテのほか、既存の製品に比べて砂糖の含有量を30%減らした「マイルドロガーシュガー」を新たに準備した。

来月1日からコンビニやスーパー、大型マートなどで購入することができ、希望小売価格は1個1600ウォンだ。

毎日乳業の関係者は「消費者がマイカフェラテブランドとさらに疎通できるよう、今後さまざまな広告やプロモーションを展開し、カップコーヒー市場を代表するリーディングブランドとしての地位を強化していく」と伝えた。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 ペ・ユンギョン記者 / 写真=毎日乳業 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-26 09:00:00