トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」完璧な呼吸で事件を暴く…「カタルシス感じる」

「クリミナル・マインド」完璧な呼吸で事件を暴く…「カタルシス感じる」


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」完璧な呼吸で事件を暴く…「カタルシス感じる」
『クリミナル・マインド』NCIチームの活躍が目立った。

tvN『クリミナル・マインド』(演出ヤン・ユノ / 脚本ホン・スンヒョン / 制作テウォンエンターテイメント、スタジオドラゴン)の国家犯罪情報局犯罪行動分析チームNCI(以下NCI)が相次いで発生した犯罪事件で幻想の呼吸を披露している。

NCIは爆弾テロ、連続殺人鬼、サイコパスなど様々なタイプの事件と犯罪を解決するために、それぞれの位置で最高の技量を発揮して完璧なチームワークで事件解決を成し遂げている。

まず、先立って放送された「変種炭疽菌テロ事件」でカン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ扮)は、チームメンバーの伝える情報を逃さず鋭く分析して、細かいプロファイルを進め容疑線上を狭めていった。

また、カン・ギヒョンは「女性連続殺人事件」の有力な容疑者ユン・ジョンソプ(イ・ギュボク扮)の妻ソン・ユギョン(イム・スヒャン扮)の会話から釈然としない点をすぐに見つけて、彼女が真犯人であることを明らかにして劇の緊張感を倍増させた。

続いて、チーム投入後に速い速度ででチームメンバーとの調和を成しているキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ扮)は、機動打撃隊出身らしく直接足で走って犯罪者の立場から状況を再現して事件を解決するのに一役買っている。特に女性を拉致して殺害した後、山の中に遺棄した犯人が残したメッセージを見つけて、彼の天性の能力をもう一度実感させた。

キム・ヒョンジュンが犯罪者の立場から判断するのならば、ハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)は被害者の立場から現場を再構成して、繊細なプロファイルを進行する。彼女は冷静に事件を分析して被害者から陳述を引き出すなど、単純な行為でさえも逃さず事件の裏面に接近して不意を突くプロファイリングで見る人々を驚かせている。

それだけでなく、NCI要員が必要な情報を電光石火のように高速で見つけるホワイトハッカーナ・ナファン(ユ・ソン扮)とNCIメディア担当で優れた情報伝達をもとに通信するユ・ミニョン(イ・ソンビン扮)、IQ 187の所有者で膨大な知識と客観的データをもとに分析するイ・ハン(コユン扮)の能力が調和し、事件解決に拍車を掛けている。

このようにNCIチームは、現場調査、行動分析、情報収集、メディア担当、心理データ解析など各自が引き受けた業務で事件の手がかりになる糸口を見つけて収集し、すべての情報をもとにプロファイルを進行することはもちろん、緊急時にお互いを信じながら完璧なチームワークを見せてお茶の間に温かさを醸し出している。

一方、『クリミナル・マインド』の去る放送では、女性を拉致して拷問、殺害までした真犯人のソン・ユギョンの冷たい眼差しが視聴者をぞっとさせ、次回に対する期待が高まっている。

各事件ごとに幻想的な呼吸で解決に乗り出すNCIチームは毎週水、木曜日の午後10時50分に放送されるtvN『クリミナル・マインド』を通じて会うことができる。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=tvN 提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-13 11:25:01