トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」見逃せば後悔する中毒ポイント3

「クリミナル・マインド」見逃せば後悔する中毒ポイント3


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」見逃せば後悔する中毒ポイント3
今年の夏の推理感覚を呼び覚ましている『クリミナル・マインド』が、視聴者たちをひきつける中毒ポイントを公開した。

tvN『クリミナル・マインド』(演出ヤン・ユノ / 脚本ホン・スンヒョン / 制作テウォンエンターテイメント、スタジオドラゴン)が国家犯罪情報局犯罪行動分析チームNCI(以下NCI)を介してプロファイラーの世界を吸引力をもって描き出している。これに『クリミナル・マインド』を観れば観るほどハマるしかない3つの理由を探ってみた。

▶1分1秒も目が離せないスペクタクルなストーリー!

過去1話で火ぶたを切った大型病院爆弾テロをはじめとし、連続殺人事件や変種ウイルステロ、女性拉致殺人事件に至るまで、毎回様々な犯罪事件をスピード感のある展開で描き出して没入感を引き上げている。

特に目まぐるしく展開されるNCIの捜査を強い緊張感を盛り込んで披露している。鋭く鋭利なプロファイリングに首を頷かせ、犯人を捕まえるために身を投じるNCI要員を介して再び心臓を翻弄してお茶の間を揺らしている。

ここでNCIチーム長カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ扮)と連続殺人鬼リッパー(キム・ウォンテ扮)の絡み合った悪縁に加え、キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ扮)、ハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)を貫くナドゥルガン女子高生殺人事件まで、劇全体を通した大きな事件にミステリーまで加えて好奇心を刺激している。

▶キャラクターたちの密度の高い描き方で共感力UP!

tvN『クリミナル・マインド』にさらに熱中させるようにするもう1つの要因は、まさにNCI要員たちも喜怒哀楽を感じる平凡な「人」だということだ。事件現場では犯人を捕まえるために徹底的に理性的で冷静に行動するが、彼らにも痛ましい事情が1つずつは隠されており、共感を高めている。

リッパーによって妻を失ったカン・ギヒョンをはじめ、父に対する過去を胸に秘めるキム・ヒョンジュン、家族と葛藤が生じているハ・ソヌまで、自分の現実に苦悩し、挫折する人間の面を濾過せずに見せている。このように劇が進むにつれてますます深く表れる各キャラクターの事情は、視聴者が彼らに感情移入することに一役買っている。

▶ベテラン俳優たちの好演!

tvN『クリミナル・マインド』はソン・ヒョンジュ、イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、ユソン、イ・ソンビン、コ・ユン、キム・ヨンチョルなど派手なキャスティング陣営を構築し、制作初期から話題を生んだ。彼らの期待に応えるかのように、俳優たちの演技も視聴者たちを没入させるのに役立っている。

冷徹で理性的なNCIチーム長カン・ギヒョン役のソン・ヒョンジュは、特有のどっしりとした演技で劇の中心軸をしっかり固めている。続いてキム・ヒョンジュン役に扮したイ・ジュンギは、濃厚な感情表現とアクションまで行き来してドラマを隙間なく埋め、ハ・ソヌ役のムン・チェウォンは大胆な姿で今まで見せてこなかった彼女の新しい魅力を遺憾なく発揮している。

ここに力を貸すユソン、キム・ヨンチョルはもちろん覇気あふれる新人イ・ソンビン、コ・ユンまで、彼らチームワークは回を重ねるごとに強固に固められて劇に豊かさを加えている。

『クリミナル・マインド』の制作陣は、「これまでの話は始まりに過ぎない。今後さらに目を離す​​ことができない驚くべき出来事が待​​っている。リッパーの再登場に加え、ナドゥルガン事件まで、すべてのパズルが合うので見守ってほしい」と頼んだ。

猛暑を忘れさせるほど強い魔力で引き寄せているドラマ『クリミナル・マインド』は、毎週水・木 夜10時50分にtvNで放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=ドラマポスター
  • 入力 2017-08-14 14:27:44