トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」8話 イ・ジュンギ、銃乱射事件の犯人捕まえる

「クリミナル・マインド」8話 イ・ジュンギ、銃乱射事件の犯人捕まえる

「クリミナル・マインド」8話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」8話 イ・ジュンギ、銃乱射事件の犯人捕まえる
『クリミナル・マインド』銃乱射事件の犯人が逮捕された。

17日に放送されたtvN水木ドラマ『クリミナル・マインド』(脚本ホン・スンヒョン / 演出ヤン・ユノ、イ・ジョンヒョ)8話では、NCIチームが銃乱射事件を解決する姿が描かれた。

この日、韓国に銃乱射事件が発生した。犯人は運転中に道路で争いになった女性に怒りを感じて銃を乱射した。

しかし、警察は連鎖的に起こる事件にもかかわらず犯人の正体を推定することができなかった。

これにNCIチームが乗り出した。キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ扮)は、「犯人がだんだん殺人の味を知り始めた」と推測して、カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ扮)は「それが我々がこの事件を引き受けなければならない理由だ」とプロファイルに着手した。

そんな中、最初の被害者が意識を回復した。ハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)は被害者に当時の状況を再現させて、キム・ヒョンジュンは「その時、その男が何と言っていたのか」と尋ねた。しかし、被害者は「その男は何も言わなかった」と答え「最初の事件は偶発的だったのだろう」という推測に力を加えた。これに対しハ・ソヌは「だんだん制御が不可能になるだろう」と次の事件が起こることを予告した。

ハ・ソヌの予想通りだった。犯人は混乱に陥った状態で次の犯行を決心した。犯人はすぐに道路に出てターゲットを定めた後、殺人を楽しむ姿まで見せた。それだけでなく、犯人は普段怯えたまま過ごしていた会社で堂々とした姿を見せる一方で、自身を無視する職員に脅威を加えながら変化を見せたりもした。

一方、NCIチームは犯人についてのプロファイルを完成した。ハ・ソヌは「犯人が奥さんに似た人をターゲットとしていたが、だんだん現実感を失っている」と判断してカン・ギヒョンは「これからは周りの人物が危険になる」と確信した。

以降、ユ・ミニョン(イ・ソンビン扮)が犯人の人相着衣を持って記者会見を行った。ニュースを目撃した犯人は驚愕して会社を飛び出して行き、NCIチームは職員の申告を受けて犯人の家に向かった。

この時、犯人は妻と娘を車に乗せたまま道路を走っていた。彼は家族に我慢していた怒りを露にした後、ハンドルをそのままにして、車は道路を外れてガードレールにめり込んだ。犯人の後ろを追っていたキム・ヒョンジュンは急いで犯人を捕まえた。

しかし、犯人の車の中に家族はいなかった。すでに20日ほど前に、犯人が家の中で殺して遺体になった状態だった。犯人は真実を実際に見て発作を起こし耳目を集中させた。
  • 毎日経済スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者/写真=tvN放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-18 00:07:28