トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」10話 イ・ジュンギ-ムン・チェウォン等、連続誘拐事件解決

「クリミナル・マインド」10話 イ・ジュンギ-ムン・チェウォン等、連続誘拐事件解決

「クリミナル・マインド」10話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」10話 イ・ジュンギ-ムン・チェウォン等、連続誘拐事件解決
『クリミナル・マインド』にて連続誘拐事件が解決した。

24日放送されたtvN水木ドラマ『クリミナル・マインド』10話では誘拐された子どもたちが救助された中、新たな殺人事件が発生した。

連続誘拐事件の最後の共犯がキム・ジヌ(チョン・ジュンウォン扮)という事実が明らかになった。キム・ジヌは8年前にはじめて誘拐された子どもで、幼い頃から飼いならされ犯人たちから逃げることができないものと分かった。

彼は犯人たちの誘拐を助けながらも、誘拐された子どもたちを助けながらNCIチーム員に手がかりを提供した。

NCIチームは被害者となった子どもたちの共通点を探し出した。子どもたちは全員「ペット自由連盟カンファレンス」に参加していたことが明らかになった。これにハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)とキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ扮)は協会の事務所に向かい、その場所で容疑者チャン・ジンファンの痕跡を発見した。

ナナ・ファン(ユソン扮)は容疑者チャン・ジンファンと彼の妻イ・ソンヒが幼い頃に同じ家に養子縁組された兄妹であるという事実を掴んだ。二人は養父母から虐待された記憶に子どもたちを誘拐し虐待していた。

これにハ・ソヌとキム・ヒョンジュンは犯人の養父母が暮らしていた家に向かった。キム・ヒョンジュンは容疑者チャン・ジンファンを逮捕することに成功したが、チャン・ジンファンは自ら命を絶って緊張感を高めた。

このとき、もう一人の犯人イ・ソンヒは子どもたちを連れてペット葬儀場に向かった。過去にペットを火葬していた場所で子どもたちを生きたまま火葬しようとしたのだった。最後の失踪被害者ユナ(イ・ハンソ扮)が火葬される直前、キム・ジヌがイ・ソンヒに注射を打ってユナを助け出した。

このときNCIチームが現場に到着し子どもたちを助けだした。子どもたちは両親のもとに戻り、キム・ジヌもまた8年間息子を探し回っていた母親と再会した。

その後新たな殺人事件が発生した。殺人犯は被害者夫婦の家の電話から警察に通報し、自分を「執行官」と表現し視線を集めた。これにキム・ヒョンジュンとイ・ハン(コ・ユン扮)は「犯人は自分だけの基準を作り出し、それを使命感としている」と解釈した。

一方、ナナ・ファンはインターネットで殺害場面が収められた映像を発見した。確認結果、犯人が掲載した殺害映像と明かされ今後の展開に対する関心が高まった。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル記者 / 写真=tvN放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-08-25 00:13:34