トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 単発ドラマ「B主任とラブレター」でソン・ジヒョとチョ・ウジンが部下と上司に

単発ドラマ「B主任とラブレター」でソン・ジヒョとチョ・ウジンが部下と上司に


  • 単発ドラマ「B主任とラブレター」でソン・ジヒョとチョ・ウジンが部下と上司に
tvNの単発ドラマ「ドラマステージ」の作品である『B主任とラブレター』の台本リーディング現場が公開された。

12月の放送を控えているtvN『B主任とラブレター』はある日突然、母胎ソロ(恋人いない歴=年齢)の会社員に謎のラブレターが届けられ、ラブレターの送り主を見つけるために奔走する話を描くドラマで、ソン・ジヒョとチョ・ウジンが出演を決定して、多くの関心を集めている作品だ。

去る9月29日、上岩洞にあるスタジオドラゴンで行われた『B主任とラブレター』の台本リーディング現場にはソン・ジヒョ、チョ・ウジンなどが参加して席を輝かせた。オフィスというおなじみの空間を背景に繰り広げられる事件が多いだけに、自然な生活演技が参加者の視線を捕らえたという裏話だ。特にソン・ジヒョとチョ・ウジンは呼吸を合わせる最初の時間であるにもかかわらず、長い間呼吸を合わせてきた仲間のように安定した演技力を披露して期待を高めた。

ソン・ジヒョは女性主人公「パン・ガヨン」役を引き受けた。「パン・ガヨン」は34年間母胎ソロとして過ごしている靴の会社の主任だ。恋愛経験が皆無で、恋愛初心者だが仕事においてだけは完璧さを追求する平凡な会社員だ。そんな彼女に匿名のラブレターが届けられ、送り主を見つけるために東奔西走する姿が愉快に描かれる見通しだ。

チョ・ウジンは男性主人公「シム・ビョンソン」を演じる。「シム・ビョンソン」は「パン・ガヨン」主任と同じ空間で勤務する上司で、善良で優しいが仕事にしか興味がない典型的な大韓民国の独身男性会社員だ。劇中、パン・ガヨンと妙な雰囲気を作って会社員の仕事と愛の物語をリアルに導いていく予定だ。
  • シックニュース ホン・ヘミン記者 / 写真=tvN提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-18 10:57:00