トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」予告 キム・ナムジュとイム・テギョンの悲しい過去が明かされる

「ミスティ」予告 キム・ナムジュとイム・テギョンの悲しい過去が明かされる


  • 「ミスティ」予告 キム・ナムジュとイム・テギョンの悲しい過去が明かされる
『ミスティ』キム・ナムジュとイム・テギョンの過去の縁が明かされる。

9日放送されるJTBC金土ドラマ『ミスティ』にて、二人の過去の話が明らかになる。出所後、影のように少し離れた場所からコ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)のそばをうろついていたハ・ミョンウ(イム・テギョン扮)。10話にて毒気を抱いてヘランに駆け寄るソ・ウンジュ(チョン・ヘジン扮)の前に立ちはだかり正体を現し、ヘランと哀切な再開で二人の間に隠された物語に関心を寄せさせた。果たしてヘランとミョンウ、彼らの過去には一体何があったのか。

出所日が近づくたびに事故を起こして刑期を延ばしてきたミョンウ。一人刑務所にてヘランの記事を集めたスクラップブックを見て正体の謎を深めていた彼は、5話にてついに刑務所の外に出た。

三日後、職員を雇うというカン・テウク(チ・ジニ扮)の事務所を訪れて謎の行動を開始したミョンウが存在感を発しはじめたのは7話からだった。ケビン・リー(コ・ジュン扮)のマネージャーペク・ドンヒョン(チョン・ヨンギ扮)からタイの写真原本が入ったカメラのメモリーチップを奪ってヘランに送り、脅迫から抜け出すよう助けてやった。

久しぶりであるが、自身のもとを素早く通り過ぎるミョンウに瞬時に気づいて驚くヘラン。それもそのはず、ヘランの夢として回想された過去にて、二人は他ならぬ事件を共に体験しているためだ。謎の場所で震えている若きヘランに「お前はこのことと何も関係ない。早く行け」と催促した若きミョンウ。二人の制服についた血痕と、10話にて「コ・ヘランが人間を殺したことは、今回が初めてでなければ?」と疑問を投げかけ、テウクにミョンウを「コ・ヘランに片思いしていた馬鹿みたいな奴」と説明したウンジュ。

『ミスティ』関係者は「10話にてヘランとミョンウが再会した。『元気、ミョンウ』というヘランの涙が混ざった一言が二人の深い関係を予感させた」とし「9日放送される11話では、ヘランとミョンウの過去の物語が明かされる。果たして二人にはどんなことが起きたのか、ヘランとミョンウの再会に期待して欲しい」と伝えた。
  • スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=グル&クリム
  • 入力 2018-03-09 13:56:19