「悪の華」イ・ジュンギを応援するグローバルファンの歴代級の広報が話題


韓流スターイ・ジュンギの底力が改めて立証された。

イ・ジュンギのドラマ復帰作tvN水木ドラマ『悪の華』に対する関心が高まっている中、イ・ジュンギを応援するファンの歴代級の広報が話題を呼んでいる。

イ・ジュンギの海外ファンクラブがイ・ジュンギのドラマ広報のためにソウル全域に『悪の華』広告を出したのだ。江南(カンナム)駅、弘大入口(ホンデイプク)駅、蚕室(チャムシル)駅、龍山(ヨンサン)駅、高速ターミナル駅などソウルの主要地下鉄はもちろん、江南道山大路や明洞(明洞)の大型電光掲示板まで『悪の華』の公式ポスターやイ・ジュンギの姿が描かれたビハインドカットをはじめ、様々なバージョンのティーザー映像を見ることができる。

このようにソウルで流動人口が多いことで有名な場所で行われているイ・ジュンギグローバルファンの広報活動は「歴代級のファン広告」としてインターネットコミュニティを盛り上げ、元祖韓流スターイ・ジュンギの底力に改めて気付かせてくれた。

特に新型コロナウイルスによって国家間の移動が自由でない状況でも、中国、日本はもちろん、香港、台湾、米国、欧州までアジアを越えて世界各国のファンまで参加したという事実が知られ、さらに話題を集めている。

これについてイ・ジュンギは所属事務所のNamoo Actorsを通じて「全世界のファンの皆さんの過分な愛に心から感謝し、幸せだ。久しぶりの作品だが、ファンの皆さんの愛情に支えられて最後まで完走し、良い作品でお返しする」とファンへの感謝を伝えた。

またドラマ関係者も今回のファン広告規模と情熱に驚き「イ・ジュンギを愛してくださるグローバルファンの皆さんにとても感謝している。ファンの応援に支えられ、良いシナジー効果を出せるよう、共に最善を尽くしたい」と伝えた。

普段SNSを通じて積極的に作品を広報することで有名な「広報の妖精」イ・ジュンギに続き、驚くべき規模で進められている海外の多様なファンクラブの広報活動は、ドラマ『悪の華』に対する期待感をさらに増幅させ、その影響力を大きく発揮している。

サスペンスメロというジャンルの序文を開いたtvN『悪の華』で、暗い過去を隠すために愛まで演じた男ペク・ヒソンに変身したイ・ジュンギ。放送1週目から「歴代級の演技変身」という熱い反応を得て、有名俳優の底力を見せている彼が、これからの話でどのような姿でお茶の間劇場を虜にするかに全世界のファンの関心が集まっている。

一方、tvNの水木ドラマ「悪の華」は毎週水曜日·木曜日夜10時50分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-31 17:35:41