韓国で初の五輪3冠王に アン・サン、女子個人戦でも金メダル


  • 韓国五輪史上初めてアーチェリーで3冠の偉業を達成したアン・サン(20・光州女子大)が30日、日本・夢の島公園アーチェリー場で行われたアーチェリー女子個人戦の決勝で金メダルが確定した後、両手を挙げている。アン・サンは混合団体と女子団体に続き、女子個人でまで金メダルを獲得して3冠王に輝いた。[東京:ハン・ジュヒョン記者]

大韓民国の歴史の中で初めて五輪の3冠王が誕生した。アン・サン(20・光州女子大)は30日、東京・夢の島公園アーチェリー場で行われた2020東京五輪女子アーチェリー個人戦決勝でロシアオリンピック委員会(ROC)のエレナ・オシポワと対戦し、5対5を記録してシュートオフまで進む接戦の末に最終的に勝利を手にした。

アン・サンは24日の混合団体、25日の女子団体に続き、今回の個人まで金メダルを獲得したことによって韓国初の「五輪3冠王」という歴史の主人公になった。アン・サンの金メダルにより韓国女子アーチェリーは2012年ロンドン(キ・ボベ)、2016年リオデジャネイロ(チャン・ヘジン)に続いて個人戦五輪3連覇の記録を作った。

また、今回のオリンピックで金メダル4個を獲得した韓国アーチェリーは、残りの男子個人戦でも金メダルを獲得する場合、アーチェリーの全種目(5個)を席巻することになる。5個目の金メダルがかかっている男子個人戦は31日に行われ、キム・ウジン(29・清州市役所)が出場する。

男子個人戦でも金メダルを獲得する場合、韓国アーチェリーは2016年リオ五輪(4個)に続き2大会連続アーチェリー全種目席巻という大業を達成することになる。
  • 毎日経済 イ・ヨンゴン記者、カン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-07-30 17:42:39