Q.MCモン以外にも過去に兵役忌避の不正がばれた韓国芸能人はいましたか?

답변게시판
A.
1990年代を代表するダンス歌手の一人に、スティーブ・ユ(ユ・スンジュン)を挙げることができます。激しい振り付けをしながらも、高音域を消化することができる抜群の歌唱力があるうえに、誠実なイメージで老若男女を問わずに、幅広い人気を博した歌手でした。

ルックスもよく、教会にも懸命に通い、品行が良いという評価を受けました。芸能人には、いつもつきものであるアンチファンも彼にはほとんどいませんでした。喫煙をやめた後、禁煙広報大使としても活動しました。

軍に入隊する時期が近づいてくると、彼は出演したテレビ番組で「芸能人だからと軍隊を忌避するのは良くない」と自分は志願入隊して海兵隊に行くことを何度も明らかにしました。国防部は最初から彼を「国防部広報大使」に任命しました。

体格のいい歌手で、体力が必要な芸能番組である『出発ドリームチーム』で実力を披露したスティーブ・ユは、腰のディスクがあるというショーをし、入営時期を目前にして、日本公演を理由に兵務庁の許可を得て出国した後、米国に行って市民権を獲得し、韓国軍に行かないと宣言しました。

このような突発的な行動は非常に衝撃的でした。彼に出国を保証してあげた兵務庁職員を裏切って、5000万ウォンの罰金まで背負わせ、多くのファンを裏切ったのです。

このような過ちを犯した後でも、スティーブ・ユは、韓国で享受した人気が恋しかったのか、複数回に渡って韓国に入国しようとします。様々な主張を掲げてマスコミプレーをしたほか、国家人権委員会をはじめとする人権団体、さらには米国大使館に助けを要請しましたが無視されました。

中国で活動している彼は、韓国で「出入国不適格者」に分類されています。 2003年に結婚する女性の父親の葬儀に参加するため、10日間の入国が許可されたことがあるだけです。

とにかく、この事件でスティーブ・ユーは韓国で兵役不正のアイコンとなりました。いくら人気が高くても、兵役を回避すると埋葬されてしまうという認識が芸能界に拡散しました。「軍に行かなければ、芸能界生命も終わり」という考えで軍に行かないようにするためにあらゆる力を使っていた男性芸能人たちが競って軍にいくことを大々的に知らせ始めました。

ムン・ヒジュンは、現役で入隊するという事実一つだけで、彼に対するすべての騒動を潜在的に鎮めました。それにもかかわらず、兵役を忌避する人はまだ多くいます。

まず、多くの高位層や富裕層の子供たちがこれに該当します。しかし、有名人でない限りは、ばれずに埋もれてしまいます。後に、父親や本人が国会議員などに立候補しない以上、一般人は知る術がないのです。

しかし、大衆に知られている人物は異なります。疑惑の視線を送られ始めると、関係当局が捜査に乗り出すことになり、最終的には世論の叱咤を受ける順序に続きます。芸能人が一般的な男性に比べて、現役ではなく、公益勤務をしている場合が多いため、周辺で疑問を持って見守るようになりました。

MCモンが、このケースに該当します。同年代の他の芸能人が現役や公益勤務を終えているのに、なぜ彼は軍に行っていないのかという話が出回り、最終的に兵役忌避目的で意図的に歯を9個以上抜いたという事実が明らかになり、有罪判決を受けます。

グループ015Bのリーダー、チョン・ソグォンがファンを集めて軍に行くとお別れコンサートを開いた後、カナダに脱出、6年後にカナダ国籍を取得しました。 2006年からは韓国で何事もなかったかのように活動中です。

ソン・スンホンとチャン・ヒョク、ハン・ジェソク、シン・スンファンなどが2004年、なんと51人が司法処理されたプロ野球の兵役不正事件当時に兵役不正が摘発されました。四人すべてが尿検査を操作して、絲球體腎炎という判定で軍免除を受けたそうです。以来、身体検査をもう一度受けてソン・スンホンとチャン・ヒョクは現役で入隊し、ハン・ジェソクとシン・スンファンは社会服務要員として召集されました。

PSYも産業機能要員服務当時、父親が金品を提供した事実が明らかになったうえに、服務期間中にコンサートをするなど、適切に服務していないことが発覚し、現役兵として再入隊する判定を受けています。珍しい「ハングンドゥ(単語帳参照)」の隊列に合流したわけです。このほか、EpickHighのタブロがカナダ国籍を取得する過程で兵役を忌避したという疑惑を受け、法務省が調査した結果、二重国籍の議論は、無嫌疑で一段落した状態です。

参考までに、以前からあった兵役忌避方法を紹介します。ただし兵役不正を暴く捜査当局の手法も巧妙になったため、成功することは容易ではありません。

・コジャ(鼓子)になる - コジャとは性機能が不完全な男性を指す。女性は兵役義務がない。

・視覚放棄 - 度数が高いメガネを使って高度近視があるかのように偽装、目に刺激的な物質を入れて眼球を充血させる、身体検査前2~3日に眼病があるかのように装う

・胸に鉄の粉を掛ける - X線で撮影すると、結核患者として認められることがある

・しょうゆを飲む - 心拍数を高め、心臓病を持っているかのように偽装

・身体検査で大便を漏らす、食べるなどの行動をおこない、精神障害者を装う

・酒をたくさん飲んで血圧を高め、高血圧患者に変身

・性的少数者であるトランスジェンダーに偽装 - ゲイは軍隊に行く。軍に行かないためには、性転換をすれば可能。去勢することとにている

・学歴偽造 - 高学歴者を中心に徴集することを勘案し、無学や中卒に偽装

・診断書の偽造 - 軍免除事由になる疾患があると偽装

・意図的な脱臼と靭帯損傷

・意図的な歯の損傷

・行方不明

・故意に前科者になる - 前科者は徴集を免除

・戸籍操作 - 軍に行かない孤児に偽装

・死亡届をして死んだ人に偽装

・他の国の市民権を取得した後、国籍放棄

・海外脱出

・生まれたときに、最初から女性として出生届を出す
  • Lim, Chul/写真=MBN
  • 入力 2014-11-11 13:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄