トップ > コラム > 尹当選者と岸田首相、電話会談…韓・日関係で意見交換

尹当選者と岸田首相、電話会談…韓・日関係で意見交換


  • 尹当選者と岸田首相、電話会談…韓・日関係で意見交換
  • MBNニュース映像


尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領当選者と日本の岸田文夫首相が11日、電話通話で韓・日関係の改善と北韓の核解決に「とも緒に協力しよう」という意思を表明した。これまで韓日問題は韓国が先に解決策を持って来なければならないと対話すら避けてきた日本が、ユン当選人には前向きな態度を見せたものだ。

キム・ウネ当選人報道官によると、ユン当選者は岸田首相と午前10時30分から15分のあいだ通話した。岸田首相が当選の祝いの挨拶を行うと、ユン当選者は「祝いの電話に感謝します」と答えた。

ユン当選人は「韓国と日本は東北アジアの安全保障と経済繁栄など、今後は力を集めなければならない未来課題が多いだけに、両国の友好協力増進のために協力していこう」とし、韓・米・日の3国共助を強調した。

日本経済新聞によると、岸田首相も通話の後に記者らと会って、「韓日関係改善のために協力していきたいという意志をユン当選者に伝えた」と明らかにした。岸田首相は「国交正常化以後に構築してきた日韓友好協力関係を基盤に、日韓関係を発展させる必要がある」とし、「健全な日韓関係は規則に基づく国際秩序の維持、地域と世界平和・安全・繁栄を確保するところに不可欠だ」という意見も表明した。これとともに、できるだけ早いうちに対面会談の実現を目指すことを確認した。

韓・日が「共に協力」に言及してすみやかな出会いを示唆したのは、これまでとは確かに変わった態度だ。この日の会話で二人は「過去史」という言葉を使わず、「日韓間の難しい問題」とだけ表現し、韓日間の相互協力を強調したことが伝えられた。

文在寅政府に入って韓・日は日本軍慰安婦と強制労役などの問題で対立し、1965年の国交正常化以後で最悪という評価を受けてきた。文大統領は2017年に就任後、当時の安倍晋三首相と通話しながら慰安婦問題に直接言及した。その後は輸出規制や福島汚染水処理問題などに続き、最近では佐渡鉱山ユネスコ世界遺産登録推進まで重なり、両国の対面による首脳会談は2019年12月以降、一回も開かれなかった。

特に日本はこれまで韓・日関係の破綻を韓国の責任だとし、まず解決策を持って来なければならないという立場だったが、この日は「一緒に協力」しようと日本側も努力するという意思を示したのだ。

ソウル大学国際大学院のパク・チョルヒ教授は「ユン当選人が米国に続き日本と通話したのはこれまで北・中に傾いた韓国外交を正すというシグナルを与えたもの」だとし、「これまで対話自体を避けて来た日本が対話意志を見せたのは、最初のボタンをうまくはめたものだ」と解釈した。
  • 毎日経済 | ハン・イェギョン記者/イ・ヒス記者/東京=キム・ギュシク特派員
  • 入力 2022-03-11 18:05:27