トップ > コラム > 韓国新政府「クワッド」加入の動き…豪・印と電話会議

韓国新政府「クワッド」加入の動き…豪・印と電話会議


  • 韓国新政府「クワッド」加入の動き…豪・印と電話会議

  • ユン・ソギョル大統領当選者が去る14日夕方ソウル鍾路区通仁洞の執務室で、ボリス・ジョンソン英首相と通話している。[写真提供=国民の力]



先週、米国および日本の首脳と疎通を始めた尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領当選人は、今週中に豪州およびインド首相とも通話する。外交安全保障分野の大統領選挙公約だったクアッド(QUAD/米国、日本、豪州、インドの4カ国協議体)加入を念頭に置いてすばやい動きを始めたわけだ。

大統領職引受委員会の関係者によると15日、ユン当選者は今週中に豪州のスコット・モリソン首相、インドのナレンドラ・モディ首相と電話通話を行い、両国との関係について議論する予定だ。この関係者は「当選者が主要国首脳と通話を続けているのは、今後の同盟の優先順位を示すこと」だとし、「特に逐次的なクワッド加入は当選人の外交安保公約の重要な事項だった」と明らかにした。

ユン当選者は当選が確定した去る10日午前、ジョー・バイデン米大統領と通話したことに続き、翌日の11日には日本の岸田文雄首相と通話して韓・米・日の共助意志を明らかにした。 14日にはボリス・ジョンソン英首相とも通話し、両国の友好協力増進に関する話を交わした。

  • 韓国新政府「クワッド」加入の動き…豪・印と電話会議


ユン当選人が米国・日本に続き豪州・インドと連続で通話をすることになれば、クワッド加入国である4カ国と相次いで通話するわけだ。当選と同時に任期を始めた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任後に豪州とインドの首脳と通話したことはあるが、当選者の立場でこれらの国家首脳と連鎖的に通話を試みるのはユン当選人が初めてだ。

これは5月中旬に日本で開かれる予定の第3次クワッド首脳会議を控え、新政府がクワッド加入を急ぐための事前の整地作業として解釈される。ユン当選人が就任後、これら4カ国の首脳とクワッド協力を調整するためには首脳会の日程が差し迫っているからだ。特にクワッド首脳会議に出席するために日本を直接訪問する予定のバイデン大統領が、韓国訪問も検討中であることが伝えられ、就任後初の韓・米首脳会談で韓国のクワッド加入など、これまで遅々として進まなかった韓・米同盟の事案についても進展を見せるだろうという期待も大きくなった状態だ。

クワッド加入に関して、これまで外交部は米国が韓国政府にクワッド参加を要請したことがなく、特定国を排除する協議体には参加する意思がないと明らかにしてきた。クワッドが米・中紛争で中国を牽制するための目的で運営されているという意味だった。しかしユン当選人は昨年、外交安全保障の公約発表で「戦略的曖昧性」を破棄するとし、「クワッド傘下、気候変動、新技術ワーキンググループに参与し、機能的協力を拡大する」と明らかにした。続いて「これを基盤に実質的な成果を評価しつつ、今後は正式会員の可否を検討する」という立場を出した。中国がクワッドを反中協議体と非難し、今後は韓国のクワッド加入にともないサード報復のような反発も予想される状況だからだ。

とは言え、バイデン米大統領が昨年就任後の初の外交の動きとしてクワッド4カ国首脳と映像首脳会議を開催するなど、クワッドをインド・太平洋地域の核心戦略とするだけに加入を延期することもできない状況だ。引受委の外交安保分野の幹事を務めているキム・ソンハン元外交部次官は先月の討論会で、「インド・太平洋地域で自由・平和・繁栄に寄与するためにクワッドと密接な共助を行っていかなければならない」と明らかにした。
  • 毎日経済 | ハン・イェギョン記者/キム・ソンフン記者
  • 入力 2022-03-15 18:16:37