「ソウルの住宅価格さらに上がる」…専門家ら


不動産の専門家の半分以上は、ソウルの住宅価格が今後1年のあいだはまだ上昇すると見ていることが分かった。追加融資の規制と保有税の引き上げなどの相次ぐ政府の不動産対策にも拘わらず、ソウルの住宅価格の上昇可能性は相変わらずだという話だ。ソウルの住宅価格の安定化のためには、けっきょく政府が再建築・再開発を通じた供給を活性化しなければならないという意見が多かった。

毎日経済新聞は「9・13不動産対策」を施行してからひと月を迎えた今月1~10日、不動産の専門家50人を相手に市場の状況を診断・展望する調査を実施した。

ソウルの住宅価格を尋ねた質問に、半分以上の専門家(52%)らは「ソウルの住宅価格は上がる」と答えた。住宅価格は上昇すると見た専門家10人のうち1人は、1年間に住宅価格は平均5%以上上昇すると予想した。
  • 毎日経済_パク・イネ記者/ヨン・ファンヂン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-12 17:52:00