世界が惚れた「BTS」を作った男たち


  • プラスXのシン・ミョンソプ(左)とピョン・サボム共同代表。



最近、韓国の大衆歌手で初めてグラミー賞のステージに授賞者として上がった防弾少年団(BTS)の英文名は、かつて韓国語の発音をそのまま移した「Bang Tan Sonyeondan」だった。外国では文字通り防弾を意味する「Bulletproof」と少年団を意味する「Boys Scouts」を合わせて「Bulletproof Boys Scouts」と呼ばれたり「Bangtan Boys」として知られていた。

そんなBTSに「Beyond the Scene」という英文名をつけた人がいる。ブランドデザイン会社を運営するシン・ミョンソプ氏(42)とピョン・サボム氏(39)の、プラスエックスの共同代表がその主人公だ。

2017年にプラスエックスは、防弾少年たちが持つ既存の意味的な「10代の抑圧と偏見を防いでくれる男の子」から、さらに「現実に安住せず、夢に向かって絶えず挑戦する青春」という新しい意味を付与した。現実のシーン(scene)を絶えず越えようとする(beyond)青春を意味して「Beyond the Scene」として表現したものだ。防弾チョッキの代わりに未知の扉を形象化したシンボルも製作した。夢に向かって扉を開けていこうとする形に着目した。 BTSファンクラブ「アーミー(ARMY)」のシンボルも一緒に作った。 BTSが開いた扉を反対側から見た形で、アイドルグループとファン層の相互関係をうまく表現したという評価を受けた。 BTSのデザインリニューアル作業で昨年、ドイツの「iFデザインアワード」だけでなく、イタリアやドイツの国際デザイン賞で受賞した。

去る8日、ソウル市の清潭洞にあるプラスエックスのオフィスで会ったシン・ミョンソプ共同代表は、BTSブランドにまつわる裏話を打ち明けた。

「6年前にYGエンターテイメントのブランドリニューアル作業を行ったが反応が良かったです。アイドルブランドの作業に関心が高かった時に、BIGHITエンターテインメント側の依頼を受けてBTSのブランドリニューアル作業を引き受けました」。

彼は「BTSについて徹底的に研究した末に、挑戦する青春という意味を込めてのロゴとシンボルなどを制作した」とし、「ブランドリニューアル作業の後、私たちのサイトへの接続者が急増してサーバーがダウンし、BTSの人気を実感した」と付け加えた。プラスエックスが制作したBTSのロゴは、世界中のファンが再解釈してさまざまなロゴとして昇華された。

通っていたネイバーをやめて2010年にブランドデザイン会社を創業したシン・ミョンソプとピョン・サボム共同代表は、一時はマイナス通帳を作って従業員の月給に充てるほど苦労した。しかし、昨年の売上げは約60億ウォンを上げる会社に育てた。 YGエンターテイメント、コンビニのCU、CJ大韓通運、11番街、カカオペイなどのデザインが彼らの手から誕生し、最近ではアリババ、テンセントなどの中国企業とも働いている。オフィスの一方にぎっしりと並ぶ賞牌がこれを傍証する。プラスエックスは国内外のデザイン関連の賞を104個を席巻した。

ピョン・サボム共同代表は、「ロッテグループの統合メンバーシップサービスであるエル・ポイントのアプリをリニューアルした作業が記憶に残る」と言う。彼は「アプリに接続すればまるで私をよく知っている人がもてなしてくれるような感じを受けるように、カスタマイズされたサービスを提供してイラストなどを若くカジュアルに変えた」と説明した。その結果、アプリのダウンロード件数が累積基準で650万件から1年めで800万件を超え、最近では1000万ダウンロードを突破した。デザインを変えたらアプリのユーザーが指数関数的に増えたわけだ。オンライン・オフラインを行き来する統合デザイン戦略を策定するプラスエックスは、国内だけでなく海外の企業からのラブコールも受けている。

シン・ミョンソプ共同代表は「昨年、会員10億人を保有する中国の簡単決済会社であるアリペイプロジェクトを進めた」とし、「国内だけでなく海外メーカーがプラスエックスを認めてくれたことで、よりいっそうの意味があった」と語った。

今後の彼らの目標は韓国のデザインを輸出することだ。シン・ミョンソプ共同代表は「これまで国内企業が海外のデザイン会社にプロジェクトを依頼するケースはあったが、外国から韓国のデザイン会社にプロジェクトを依頼したことは珍しかった」とし、「アリペイとテンセントなどの中国企業と作業しながら、海外でも私たちのデザインコンサルティング方式が通じるということを確認した。韓国のデザインソリューションを輸出したい」と語った。
  • 毎日経済_クォン・ハヌル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-12 19:24:30