「大邱封鎖か」…恐怖で都市が麻痺

大邱市長「外出は最大限の自制を」 

  • 全国のコロナ患者発生現況


「コロナ19」確定者が最初に発生して二日後、なんと39人の新規感染者が大量に発生した大邱・慶北がパニック状態に陥り、正常な都市機能が麻痺する危機に瀕している。事態が手に負えなく広がったことから、大邱市民は「コロナ19の震源地の武漢のように、本当に大邱も封鎖されるのではないか」と激しい恐怖感を吐露している。

20日、大邱市の最大繁華街である東城路と寿城区トゥランギルなどの主要商店街は一日中、コロナ19の影響で人影がまばらだった。大半の市民は各種の集まりをキャンセルし、食堂では昼食や夕食の予約のキャンセルが相次いだ。

大邱市中区で配達業に従事しているチェさん(仮名、42)は、「大邱の中心部にこんなに人がいないのは、これまで見たことがない」と話した。外地人も大邱訪問を気にしながら「大邱忌避現象」さえ現れている。大邱に住む会社員のソ氏(仮名、40)は、「今週末にソウルなどに暮らす友人と大邱で会議をすることにしたが、大邱に来るのは嫌だということで会議がキャンセルされた」とし、「外部の人たちから見て、大邱の否定的なイメージが取り返しのつかない状況にまで広がっている」とした。

コロナ19恐怖が都市を覆うやいなや、大邱市民は「大邱は本当に封鎖されるのではないか」という不安感をのぞかせている。会社員のキム氏(仮名、36)は、「武漢が封鎖されたように、大邱も手に負えないほど患者が増えると政府は封鎖するのではないか」と心配した。 7歳の子供を持つ市民のチャンさん(仮名、39)は、「幼稚園もすべて休園したし、大邱に住むのに不安で実家の亀尾に子供を送るかどうかで悩んでいる」と話した。来月に大邱で結婚式を控えたパク氏(仮名、35)も「大邱で結婚すると言ったらお祝いよりも、知人に家族みんなが心配する」とし、「結婚式の日取りを伸ばすかで悩んでいる」とした。

市民が外出・外食を避けることから、19日の夜は生活必需品や食材などを販売するインターネットショッピングモールに購入が殺到した。クパンの場合、19日に大邱・慶北地域の注文が急増し、時間内に配送することができる限度を超え、この地域からの注文ができない商品が発生した。大邱地域では現在、すべてのイベントがキャンセルされ、公演や展示、図書館などの施設もすべて閉鎖に入った。

コロナ19患者が大量に出てきた大邱の新天地教会に近い大邱都市鉄道1号線大明駅は20日午前、出勤時間にもまばらなようすを見せている。 大邱市はこの日から、市民に「外出禁止」を要請した。クォン・ヨンジン大邱市長は、「いまコロナ19事態は全国的な状況とは関係なく、大邱地域は深刻な段階であるだけに、今日から外出は最大限に自制してほしい」と要請した。

事態の深刻さを認識した在韓米軍も、必須の任務を除いて全国の将兵らの大邱訪問を禁止した。ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官は、ホームページを通じて「大邱に勤務する軍人と家族、軍務員に対するケアと福祉が最優先課題」だとし「部隊を保護し、大邱地域でコロナ19の拡散を防ぐために先制的で予防的な措置を実施する」と明らかにした。

またこの日の大邱市によると、コロナ19が疑われる症状を訴える市民の問い合わせも、管内の保健所ごとに24時間殺到している。保健所と医療機関などに設置された選別診療所にも待機する人が増加し、1時間以上待っても診療を受けられないほどだ。確定者の動線を確認する電話はもちろん、「確定者と動線が重なる」「確定者が出た建物が私たちの家に近い」「咳と発熱が出るので検査受けたい」など、さまざまな問い合わせが殺到している。

このことから、地域の保健所の保健人員はゴーグルや防護服などを着用したままで、トイレもきちんと行けないなどの深刻な疲労感を訴えている。南部保健所の関係者は、「コロナ19関連の電話が、午前3~4時間を除いて四六時中入って来る」と言ってため息をついた。

こうしたなかで大邱市のすべての保健所も、コロナ19関連以外のすべての一般的診療を中断したことで医療の空白が現実になった。大邱では確定者が訪れた病院の緊急治療室が相次いで閉鎖され、現在は地域で最も大きな病院である慶北大学病院と嶺南大病院、大邱カトリック病院などの緊急治療室が閉鎖された。大邱カトリック大学病院の場合、新天地教会の信徒である看護師1人がコロナ19の確定を受け、緊急治療室とその看護師が勤務していた呼吸器病棟1階を閉鎖した。大邱消防本部の関係者は、「救急医療情報センターでは病院の緊急治療室情報の現況を把握し、患者の状態に応じて2次病院などに搬送している」とした。大邱ではこの日、確定者のうち7人が病床を割り当てられなかった。

コロナ19大邱拡散の震源地となった新天地大邱教会の信徒の多くが大邱・慶北地域に居住しており、列車や地下鉄、バスなどの公共交通機関を利用したことが知られて恐怖感はさらに大きくなっている。一部では椅子に座らずに床に座って礼拝を行う新天地教会の独特の礼拝方式が、ウイルスの伝播をあおったという分析が出ている。礼拝行事の時間が2~3時間で、一般の教会よりも長いことも影響を与えたという説明だ。
  • 毎日経済_大邱=オ・ソンドク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-20 17:59:29