シーズンに敏感な海外直購…お買い得ショッピングのノウハウ

[海外直購の鮮やかヒント] 

「海外直購(個人輸入)はシーズンと天気に敏感だ」

配送代行業者モールテール側の説明だ。来月ある米国の大規模セールシーズン、ブラックフライデーにすでに舞い上がっている消費者のために、抜け目なく直購するお買い得ショッピングのヒントを公開する。

▶ ブラックフライデー(Black Friday)、 海外直購を穏やかに始めること

11月、最後の木曜日を基点に米国最大ショッピングシーズン、ブラックフライデーが始まる。実際に、ブラックフライデーは全国的にクリスマスセールに入る公式的な日でもあり、ブラックフライデーからクリスマスまで大規模セールが続く。米国内の百貨店、大型マート、ブランドショップはもちろん、大多数のオンラインショッピングモールもセールイベントを進行する。普段注目していた製品を安く購入することができる機会だ。

しかし、年末のショッピング物流は暴走状態に至るため、1日だけ購入を悩んでもすぐに在庫がなくなることがあり、普段の入庫処理期間より遅れることがあるという点を覚えておこう。

▶ ボクシングデー(Boxing Day) 、選り抜きのショッピングに入る

ブラックフライデーが終わると間もなくボクシングデーが始まる。ボクシングデーはクリスマスの翌日である12月26日から年初まで行われ、実際に、米国、ヨーロッパなど流通街ごとに在庫をなくすために総力を傾けるシーズンだ。米国のある留学生は「海外ではブラックフライデーよりボクシングデーがよく知られているセール期間だ。この期間には最新型製品まで全面的な割引に入る」とし、「韓国では25万ウォンほどで販売されると予想されるドクター・ドレの最新型イヤホンも6万ウォンなら十分に購入することができる」と、割引幅の次元が違うということを強調した。

あるオーストラリアの留学生もやはり「ボクシングデーにはオーストラリア内の全ての会社が休むほどだ。プラダの売り場に陳列されたシューズも10万ウォン前後で購入することができるため、人々が皆ショッピングの中心地であるシドニーに集まる時期だ」と伝えた。本当にお買い得ショッピングを望むなら、ボクシングデーに鏃を尖らせてみよう。

▶ チェリーシーズン、海外直購を休もう

チェリーシーズンを避けて海外直購を利用しよう。チェリーシーズンは1年中の2~3週間ほど、初夏にある時期で、この時期大量のチェリーを収穫する。収穫されたチェリーの相当量を韓国や日本をはじめとするアジアに輸出をするため、チェリーによって一般貨物の出荷が後回しになったりする。つまり、普段よりも少ない航空機でオフロードが頻繁になるため、オフロードによる合算課税に注意しなければならない時期。

▶ 夏の時期、海外直球禁止アイテムを確認すること

夏の時期に配送代行を利用して食品を直購する場合、必ず配送代行地と配送地の距離を確認しよう。米国は広い面積のため、配送代行地と発送地の距離が遠い場合、配送が1週間以上かかることもある。ゴディバ、シーズキャンディのような温度に敏感な食品はいくらショッピングモールで包装をきちんとしても溶けてしまう。アロマキャンドルもやはり同じだ。ヤンキーキャンドルやウッドウィックのようなキャンドル製品も夏には溶けて配送される場合が一度や二度ではない。特に、ウッドウィックは温度が上がるとキャンドル自体が液体になるため、配送中に破損する場合がより多い。

当然の話に聞こえるだろうが、夏の食品購入は多くの消費者が犯す直購の過ちのひとつだ。気楽に、夏な食品の配送を避けよう。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者/写真=photopark.com
  • 入力 2014-10-14 09:56:04