シャオミ、韓国語のページを開設…「コスパ」で韓国消費者を意識か


中国のIT企業である「シャオミ」の公式ホームページに韓国語のページが作られた。

8日電子業界によると、シャオミの公式ホームページに「MIコリア」という名前で韓国語バージョンのページが開設された。

空気清浄機、電動キックボード、バンド、体重計、補助バッテリーなどシャオミの主力製品の仕様と性能を韓国語で紹介している。ただし、スマートフォンとノートPCは含まれていなかった。

このページで製品の購入はできないが、現在シャオミと一手販売契約を結んで国内で製品を販売しているヨウミ、コマトレードに関する情報を案内している。

シャオミは「価格性能比(コストパフォーマンス)が良い」という評価で世界的に好評を博している。韓国でもコストパフォーマンスを求める消費者の間でシャオミ製品が人気だ。シャオミもこれを考慮して韓国語のページを開設したものとみられる。

一部ではシャオミの韓国進出へ期待感もみられている。公式進出が確定されればシャオミ製品での韓国語サポートもスムーズになるため、消費者にとっても肯定的である見込みだ。

しかし、シャオミがリスクを甘受して韓国進出を選ぶ可能性は高く見えない。スマートフォンの場合には韓国企業から特許訴訟を受けるおそれがあり、他の家電製品などは韓国の一定販売を通じて販売しているため、進出の必要性は高くないという分析だ。
  • 毎日経済 パク・ジンヒョン記者 / 写真=シャオミホームページシャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-08 09:24:32