ストレスにより20代の健康が、他の年齢層よりも急速に悪化


長い学業や就職準備によってストレスや不安に悩まされている20代の健康が、他の年齢層よりも急速に悪化していることが分かった。

健康保険審査評価院の医療統計情報資料によると、昨年に診断された20代の頸椎症の患者は15万8000人で、2012年(12万4000人)よりも27.7%増加した。

30代13.6%、50代10%、10代9.4%、40代6.2%増加した。20代のパニック障害の患者は、昨年に1万3000人と5年間のあいだに年平均で13.3%ずつ増加し、2012年(8000人)よりも65%増加した。

10代38.8%、30代37%、40代41.3%、そして50代は46%と増加率を見せた。

うつ病の患者は、30代から1.6%増加して他の年齢層では減少したが、20代のみ22.2%増加することで深刻性が目立った。
  • 毎日経済 ホ・ソユン編集部記者 / 写真=photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-09-21 09:00:00