「ビューティー・インサイド」5話 ソ・ヒョンジン、イ・ミンギと共寝するが…起きたらキム・ミンソクに?!

「ビューティー・インサイド」5話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『ビューティー・インサイド』でソ・ヒョンジンがイ・ミンギと初めて一緒に寝た中、寝て起きてみたらキム・ミンソクに変わっていて衝撃を与えた。

15日に放送されたJTBC月火ドラマ『ビューティー・インサイド』5話では「世紀のカップル」になったハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)とソ・ドジェ(イ・ミンギ)の公開デートでときめきを誘発した。

うっかりして記者たちの前で熱愛スキャンダルを認め、「世紀のカップル」になった2人。美しく付き合い別れようと決めた2人は最終的に公開デートまですることになった。誰にも言えない秘密のせいで、まともに恋愛をしたことがなかったハン・セゲとソ・ドジェにとっては事実上、人生の初のデートだった。

恋愛は偽りかもしれないがハン・セゲとソ・ドジェの関係は急速に近づいた。2人は秘密を共有しながら、お互いに本心を打ち明ける関係になった。ハン・セゲはソ・ドジェに変わった姿を写した写真を見せ、ソ・ドジェはハン・セゲに路上で1人座って人を見る練習をしていた過去の話を聞かせた。秘密を越えてお互いの苦しみまで共有した2人の姿は視聴者をほろりとさせながらもトキメキを届けた。別れの瞬間、「また明日会おう」という普通の挨拶さえ物悲しく感じるハン・セゲにソ・ドジェは「また会いましょう。僕があなたに気づくから」という言葉で心を揺さぶった。

一方、ハン・セゲはイ・ヒソプ(キム・スンウク)監督の映画のオーディションに参加した。主人公に内定したチェ・ユリ(リュ・ファヨン)は1人でオーディション会場に来たハン・セゲを密かに無視した。しかし、ハン・セゲはオーディションで完璧な演技を見せチェ・ユリの鼻っ柱をへし折り、痛快サイダーを見せた。ハン・セゲがやっとの思いでオーディションを終えて出ていくと花束を持ったソ・ドジェが待っていた。彼が自分に気づかないかもしれないと心配したハン・セゲは反射的に彼に駆け寄り彼の胸に抱かれた。

偽りの恋愛なのか分からないロマンチックな演技もどんどん板についてきた中、ついに一緒に一夜を過ごす日が近づいてきた。1つのベッドに横になったソ・ドジェとハン・セゲのむずむずしたロマンチックな雰囲気がトキメキを呼び起こした。ハン・セゲの顔を触ってみるソ・ドジェの姿は心拍数を最高潮に高めた。しかし、トキメキもつかの間、次の日の朝、ソ・ドジェの部屋にイム・ジョンヨン(ナ・ヨンヒ)が押しかけた。

驚いたハン・セゲはすぐに布団の中に隠れたがイム・ジョンヨンは怒って布団をめくった。

そして布団の中から登場した人は驚くべきことに少年(キム・ミンソク)だった。信じられない光景に首の後ろをつかんで倒れたイム・ジョンヨン。決定的な瞬間に発動したハン・セゲのマジックはドキドキの緊張感と愉快さを同時に届けた。

果たして決定的な瞬間に変わったハン・セゲの姿はどのような変化をもたらすのか、『ビューティー・インサイド』6羽は今日(16日)、夜9時30分にJTBCで放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=JTBCキャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-16 08:06:14