Q.EXOについて教えてください。なぜ、アンチファンが多いの?

답변게시판
A. 韓国の代表的な芸能事務所及びレコード会社であるSMエンターテイメント(以下、SM)の緻密なプランにより作られたボーイズグループ。これから多くの商品に使われるものと予想される、六角形のロゴだけを見ても、SMの長期的な戦略がうかがえる。デビュー前から噂が流れ、ファンダムが形成されており、SMの先輩歌手の舞台に混じって公演も行った。

そのため、東方神起以来、最も厚いファン層を誇っているが、それに劣らずアンチファンも多い。

EXOは韓国を舞台にしたEXO-K(Korea)と中国で主に活動しているEXO-M(Mandarin)という双子チームで形成されたユニークなアイドルグループだ。一つでありながら二つで、二つでありながら一つ。そのためか、EXOのスローガンは「We are One!」である。

2012年3月31日にソウルで、4月1日に中国北京でショーケースを開くずっと前にホームページが開設されており、以後100日間、23回にわたってティーザー(teaser)映像を公開した。さらに、f(x)のクリスタル、少女時代ユナと一緒に画報を撮影してメンバーたちの姿を十分に認知させた状態でデビューした。

しかし、このようなプロモーションにもかかわらず、最初のミニアルバム「MAMA」の成果はわずかだった。以来、1年の空白期を過ごしコンプリート体(完全体)の姿で正規アルバムXOXO(Kiss&Hug)を披露し、その間に管理してきファンダムの威力が爆発した。アルバムに収録された曲は、大部分が10代の少女をターゲットにした作品で、好き嫌いが分かれ、評論家の支持を受けなかった。その後、アルバムをリパッケージ(repackage)した「ウルロン(Growl)」がEXOをアイドルの大勢に導いた。

「ウルロン」というタイトルが興味を誘発するために意図的に設定された感じを与えるが、音楽自体は大衆的であるため、代表曲の位置を占めたわけだ。2014年にはミニアルバム2集「中毒(Overdose)」を出した後、ソウル公演を皮切りに北京、香港、バンコク、ジャカルタ、東京を巡回するアジアツアーを開催した。

EXOの公式ファンクラブはEXO-L。 2014年8月に発足、三日間で100万人の加入者を確保したが、世界的に登録することができる無料のファンクラブなので、他のアイドルグループのファンクラブと直接比較することは難しい。日本には13種類の特典が付与されている有料ファンクラブEXO-L-Japanが別途、運営されている。

若い女の子のファンが多いため、考えのない行動をし、世間知らずでもあり、放送局からのファンクラブ史上初めて、SBS人気歌謡の事前収録現場に立ち入り禁止措置を取られたりもした。Girl’s Day(ガールズデイ)のミナが理想の男性としてD.O.を挙げたという理由だけで、EXOの極性ファンから葬儀によく使われる菊をもらったという話まで聞くほどだ。2013年8月に行われた韓国対ペルーのサッカーの試合でEXO-Kのメンバーであるベクヒョンが招待されて国歌を歌ったが、国歌を歌う間にも奇声を上げたりし、一般人の眉をひそめさせた。

EXOのもう一つの議論は、ライブより口パクの回数が多いという事実だ。2000年代半ば以降、アイドル歌手たちも、ほとんどライブで歌を歌うが、EXOはリップシンクの割合が圧倒的である。「中毒」の活動時にEXOはライブを一度も行っておらず、暗黙のうちに「リップシンクプログループ」と批判を受けている状態だ。ただ、ファンは振り付けとスタイリング、外見に熱狂するようで、あまり問題視していないようである。

EXOのメンバーは、チームごとにそれぞれ6人ずつ12人だったが、2014年5月にコンサートを控えて、クリスがSMを相手に専属契約無効訴訟を出して離脱しながら11人体制になった。クリスは2014年の元旦に故郷の広州に行った際、空港にファンが殺到したほどに人気が高く、中国でアーティスト活動をしているようだ。訴訟中に中国ドラマに出演するという噂が出回ったりした。

☞ メンバー

EXO-K

  • < 二番目のミニアルバム「中毒」のティーザーイメージ、左からチャンヨル、D.O.、ベクヒョン、カイ、セフン、スホ >

チャンヨル(本名:パク・チャンヨル、1992年生まれ):メインラッパー。カン・ドンウォンに似た顔と185㎝の背丈で、チームでビジュアルを担当する。モデル志望だったが、路上でキャスティングされて練習生生活を経て、デビュー前にミュージックビデオに出演した。

D.O.(ド・ギョンス、1993年生まれ):メインボーカル。柔らかい低音の音色でR&Bに適したボーカリストという評価を聞く。

ベクヒョン(ピョン・ベクヒョン、1992年生まれ):メインボーカル。メンバーの中で最も短い練習生生活を送り、高校時代にボーカルとして身につけた歌の実力をダンス歌手に合わせて発声から歌い方までも改めたという。少女時代のテヨンと二人きりでオープンカーに乗ってデートをする姿がキャッチされた。クリスの訴訟事態で大変な時期にデートを楽しんだことから、ファンに非難を受けた。

カイ(キム・ジョンイン、1994年生まれ):メインダンサー。子供の頃からジャズダンスを学び、バレエを専攻しようとしたが、神話の舞台を見て歌手へ夢を変えた。しかし、最近も休みのときは、バレエの公演DVDを見ると言い、バレエの夢が相変わらずであることを知らせた。

セフン(オ・セフン1994年生まれ):グループの末っ子。小学校6年生の時に食堂でキャスティングされた。外観に比べてファンサイン会などで多彩な愛嬌を披露する。

スホ(キム・ジュンミョン、1991年生まれ):リーダー。約7年間の練習生生活を経た。教育者の家の子であるからか、正しく模範的な性格である。多くのメンバーによくご飯をおごってあげ、趣味がゴルフなので、財閥の息子との噂が出たりもしたが、本人は否定している。

EXO-M
  • < 二番目ミニアルバム「上瘾」ティーザーイメージ、左からチェン、クリス、シウミン、レイ、タオ、ルハン >

チェン(キム・ジョンデ、1992年生まれ):メインボーカル。高校3年生の時に歌コンテストに出てキャスティングされ、オーディションを受けて、SMと縁を結んだ。デビュー前にSBS歌謡大戦に出ていた。エキゾチックなルックスなので、中国人と誤解をたくさん受ける。

シウミン(キム・ミンソク1990):メンバーの中でパートのアイデンティティが最もあいまいな方だ。ワンダーガールスのアン・ソヒ、女優のイ・ウンソンと似ているという話をよく聞く。

レイ(ZhāngYìxīng、张艺兴、張藝興、1991年生まれ):メインダンサー。中国でSM担当者にキャスティングされて韓国に来た。作詞作曲をしたり、ギター、ピアノ演奏が可能なマルチプレーヤー。

タオ(HuángZitāo、黄子韬、黃子韜、1993年生まれ):末っ子。 11年の間、武術をしており、武道に長けている。デビュー曲のミュージックビデオで剣を振り回している。鋭い顔つきとは違い、とても性格が繊細で、泣き虫だ。

ルハン(LùHán):メンバーの中で、中国で最も人気がある。子供の頃の夢はサッカー選手。延世大韓国語学堂に通っていたと頃に路上キャスティング(スカウト)を受けてSMに合流した。

クリス(WúYìfán、吴亦凡、吳亦凡、1990年生まれ):リーダー。 9歳の時に移民した中国系カナダ人。東方神起のチャンミンに似ているという話を聞く。表面上に見えるイメージは寡黙だが、授賞式で泣くほどに天然で、ファンへの愛が格別だ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2014-10-07 14:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄