チョン・ジヒョン「ゾンビもしたかった」…『キングダム』でカムバック



「『キングダム』はゾンビ役でも出演したかったので、大きなチャンスが与えられて本当に光栄でした」。

Netflix (ネットフリックス)のドラマ『キングダム』のスペシャルエピソード「アシンの物語」の主演俳優のチョン・ジヒョン氏は、自分がこのシリーズの最大のファンであることを自負した。

20日にオンラインで開かれた『キングダム: アシンの物語』の制作発表会に参加したチョン・ジヒョンは「シーズン2のエンディングに登場した時、周りでは君がなぜそこで出てくるのというような反応が多かった」としながら、「シリーズのすべての物語の始まりを私ならできるという考えですごく興奮した」と語った。

キングダムは韓国型ゾンビものの新しい転機を開いた作品として評価される。朝鮮時代を背景にゾンビという西欧概念を導入し、世界中のファン層から注目を浴びた。米国では韓国の両班たちが使う「カッ(冠)」がオンライン市場で販売されたほどだ。

今回の『アシンの物語』は人をゾンビに変化させる「生死草」の起源を暴く。俳優チョン・ジヒョンが演じたアシンは、韓半島の北の境界で蔑視と冷遇を受けるが、「生死草」の秘密に最も近い人物だ。

この日の懇談会に出席した作家のキム・ウニ氏は「四郡六鎮という地域は100年近く人の出入りを厳禁したという記録があった。そこで生死草が咲いたならどんなことが起きるかと思って執筆を開始した」と語った。同氏は「映画『暗殺 Assassination』や『ベルリンファイル』で闇を秘めたキャラクターを演じたチョン・ジヒョンが痛みを秘めた武者アシンにふさわしいと思った」とキャスティングの背景を説明した。

主演のチョン・ジヒョンはアシン役を得て再びアクションに乗り出す。 『暗殺』で銃を持つ独立運動家だったチョン・ジヒョンは、今度は弓を手に取った。チョン・ジヒョンは「俳優が身体を管理するのはそれほど自慢することではないけれど、60・70代はアクションシーンはできないだろうという考えはない」とし、「今回は弓を射る練習を本当にたくさんした」と笑った。

『キングダム: アシンの物語』は、来る23日にネットフリックスで世界190カ国に公開される。
  • 毎日経済 | カン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-07-20 21:03:56