トップ > コラム > 韓、ユニコーンを制度改善でデカコーンに

韓、ユニコーンを制度改善でデカコーンに


  • 韓、ユニコーンを制度改善でデカコーンに
  • 国内ユニコーン企業の推移


昨年、国内ユニコーン企業が歴代最多を記録した背景には豊富な資金が魅力的な革新企業に集まったという点があげられる。フィンテック(FinTech)や電子商取引などの情報技術(IT)基盤の国内スタートアップが急速な成長を見せていることも、ユニコーン企業の誕生に寄与したという説明だ。

しかし一方では韓国から多くのユニコーンが出ており、さらにはデカコーン企業まで輩出できるのに、後進的な制度のせいで潜在力を生かせずにいるという指摘が提起される。複数議決権などのスタートアップ創業者の経営権を保護できる土壌が、一日もはやく整えられるべきだという説明だ。

15日の中小ベンチャー企業部(Ministry of SMEs and Startups)によると、昨年のベンチャーファンド結成の規模とベンチャー投資の規模はいずれも歴代最大を記録した。昨年のベンチャー投資は前年よりも78.4%(3兆3757億ウォン)増加した7兆6802億ウォンに達した。 2017年(約2兆4000億ウォン)以後のわずか4年のあいだに3倍以上も急増したわけだ。

投資を受けた企業も昨年は2438社に、2017年の1266社に比べて2倍近くに増えた。ベンチャーファンドの結成が急増し、投資規模も大きくなったものとみられる。昨年のベンチャーファンド結成額は9兆2171億ウォンで、初めて9兆ウォンを突破した。昨年に新規結成されたベンチャーファンドも、前年に比べて約2倍増加した404となった。中小ベンチャー企画部の関係者は「2017年10月に創業投資会社に対する資本金要件を緩和し、2020年8月には創業企画者がベンチャー基金を結成することを許可するなど、規制が緩和されてベンチャー投資の底辺が拡大した影響」だと説明した。

特に情報通信技術(ICT)と電子商取引ベンチャー企業に投資金が集まった。昨年のICT業種がベンチャー投資全体で占める割合は31.6%で最も高かった。流通・サービス業種も18.9%と高い水準を見せた。

最近では大企業もベンチャー企業に投資し、魅力的なベンチャー企業に資金がさらに押し寄せる傾向だ。GSリテールはベンチャー・スタートアップに積極的に投資している大企業の系列社の一つだ。昨年はメッシュコリア(MESH KOREA)、チームフレッシュ(TeamFresh)、シーメス(CMES)、ヨクス(jocoos)などのスタートアップに持分投資を断行した。ペットフレンズ(Pet Friends)、クーカット(cookat)などのスタートアップは直接買収した。 GSリテールが投資したほとんどのベンチャー企業も、電子商取引あるいはフードテックに関連する企業だ。

あるベンチャーキャピタル(VC)の代表者は「電子商取引・電気自動車のような新しい産業生態系が生まれ、ベンチャー企業の成長率も高まっており、このことから政策資金だけでなく民間資金もベンチャー企業に集中している」とし、「最近は年金基金のような機関投資家や企業も、有限責任投資者(LP)としてベンチャー企業に多くの投資を行う趨勢」だと語った。

実際に昨年はフィンテックと電子商取引の分野などでユニコーン企業が多く出てきた。トゥナム(Dunamu)、ビッサムコリア(Bithumb Korea)、タングンマーケット(Danggeun Market)、マーケットカーリー(MARKET Kurly)がそれらの主人公だ。インテリアプラットフォームを通じて家具を販売する「オヌレチプ(今日の家)」運営会社のバケットプレイス(Bucketplace)も電子商取引企業だ。

外国でも同様の流れが続いている。韓国に最も近い日本がその代表だ。 CBインサイト基準のユニコーン企業6社を保有して世界13位に上がった日本もまた、半分以上がフィンテック企業に属する。スマートHR、リキッド、プレイコなどがこれに該当する。だが依然として国内にはデカコーン企業が全無の実情だ。反面で外国にはストライプ、エピックゲームズ、デイヤブリックスなどのデカコーンがずらりとある。スペースXとバイナンスなどの企業価値100兆ウォンを超える「ヘクトコーン」も属h族と登場している。

ユニコーンがデカコーンに上がるには、ベンチャー生態系を活性化するための政策が優先して設けられなければならないという主張が提起される。最近では複数議決権制度の導入が、ベンチャー企業のための代表的な政策課題としてあげられている。複数議決権は非上場ベンチャー企業の創業者が、自身の保有する持分以上に議決権を行使できるようにする制度だ。創業者の経営権を「企業ハンター」から守ることができるが、国会では関連法案は依然として係留中だ。

この他にも、専門家らは人材誘致と投資活性化の2つの点で制度的な支援がさらに強化されるべきだと注文した。コリアスタートアップフォーラムのチェ・ソンジン代表は「ソフトウェア開発者のような核心人材が待遇を見てネイバーやカカオなどの大企業に行く事例が多く、スタートアップは人材が絶対的に不足している」とし、「政府次元の教育プログラムを通じて育成された開発者がスタートアップに就職すれば企業と開発者の両方にインセンティブを与える方法で、スタートアップへの就業を誘導する必要がある」と語る。

投資誘致に関連して、チェ代表は「国内ベンチャーファンドはポートフォリオ投資をしなければならず、個別企業に対する投資金額に限界があり、ユニコーン段階に行けばほとんど外国資本だけが残る」とし、「個別企業に対する投資限度を高め、ファンド自体の規模をもっと大きく育てなければならない」と指摘した。過度な規制は解放し、ベンチャー企業の市場参入を容易にしなければならないという助言も出ている。

ベンチャー企業協会のカン・サムグォン会長は「より多くのユニコーンが誕生するためには、投資を増やして規制を革新しなければならない」とし、「モビリティ・遠隔医療・リーガルテック分野でスタートアップが既存の産業群と繰り広げる紛争を解決し、事業を円滑に展開できるように助ける部処を作るのも方法だろう」と語った。
  • 韓、ユニコーンを制度改善でデカコーンに
.
  • 毎日経済 | シン・ユギョン記者/チョン・ジソン記者
  • 入力 2022-02-16 00:04:30